こーじろー

チョコレートドーナツのこーじろーのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
5.0


直視しなければいけないことの多さ。
自分達はまだまだ現実から逃げすぎていて、人そのものの豊かさを感じ取らなければいけない。

この映画では正しいとは言い切れない世間の[決まり]が正しくはない現実をもたらすことがあることを教えてくれる。人は皆守られる権利があるはず。定められた堅苦しい法律が降りかかる前に自分達が最善な環境を作らなくてはならない。

作中の、ドナテロの歌が自分の儚い心にとても刺さりました。社会の偏見と戦う二人は純粋にかっこよかったな〜

正義なんてない。あるべきなのは愛情なんだと心を痛めながら考えていました。

チョコレートドーナツが今はとても食べたい。