ゆうすけぐんぢ

チョコレートドーナツのゆうすけぐんぢのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
4.0
自分は人を色眼鏡で見ないと思っていたけど、本当にそう出来ているのか自信がなくなった。

彼らのマルコに対する行動は、完全に純粋な愛情表現だった。

僕は愛情を相手に正確に伝えることは難しい事だし、受け入れられない事もあると割り切るのが大人だと考えるようになっていた。

でもこの映画には、そんな少なくはない恐怖を持っている自分は、なんてちっぽけで情けないのだろうと思い知らされた。

見返りを求めない愛情を真っ直ぐ伝えられるカッコいい大人になりたくなりました。