なつ

チョコレートドーナツのなつのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
4.0
ルディの隣人の母親は息子のマルコを
置き去りにし、薬物により逮捕される。
ルディが働くお店の常連客で検事のポールに
ネグレクトされた子供について相談するが
事務的な答えで子供を想っての答えではなかった。そのため、引き取り手がいないマルコをルディは法的に認めてもらうため、ポールに協力してもらい3人で暮らしていけるように争ってゆくストーリー

性別、障害、肌の色などマイノリティの問題が
ギュッと詰まっていた
法律も人の考え方も弱者に対して理不尽で残酷だ

ルディとポールは実の母親よりも、マルコ想いで一生懸命な姿がすごかった
だからこそ、マルコがルディとポールに会いたいと施設のドアで待っていたシーンはとても楽しみにしていたのだろう

ラストは泣けてしまう
マルコが歩き続けた3日間
ポールの手紙を読んだ人たちは、この結末を知って何と思うのだろうか

チョコレートドーナツ
タイトルは甘いお菓子だが、内容はダークだった
だがこの映画から学ぶべきことは多い