ばま

チョコレートドーナツのばまのレビュー・感想・評価

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)
4.4
メインビジュアルの、赤いTシャツの主人公(ルディ)が振り向いてるシーンが印象的。

ゲイ差別の酷い時代…
ドラァグクイーンの主人公と、検察官の恋人と、隣人のダウン症の男の子が一緒に暮らす話。

ドラァグクイーンのシーン好き!!
こういうショーを生で観に行きたい。
ただ、Netflixの『ル・ポールのドラァグレース』に出てる人って、そうとう綺麗な部類なんやなって思った、、、

辛い。親権争いって大変なんだなぁ。
その子にとって何が1番幸せかって…
マルコがまた可愛らしい子で。
マルコ役のアイザック・レイヴァ、
俳優を目指すダウン症の男の子なんだって。
そうだよね。学校の合唱のシーンで後ろで歌ってた子たちもきっとそう。
(この合唱のシーンめっちゃお気に入り!)


ルディもう途中から母ちゃんにしか見えなかったわww
肝っ玉母ちゃんと、神経質で気の弱い旦那って感じ。笑

ルディの歌声がめっちゃ心を打つ。
原題は、ルディが歌う「any one day」
邦題よ、なぜチョコレートドーナツ…いやまぁ分かるけど。
タイトルに込めてる意味合いがさ…薄れるよ。
まぁチョコレートドーナツめちゃくちゃキーワードやったけどね。