チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

タイトルから楽しそうな感じのイメージで見たら...。想像とは違ったけど、考えさせられる内容で良い映画だった。審理の場面を見てて何しょーもないこと言ってんだこのおっさんとか思ったけど、1970年代っていうのを知って少し納得。当時はそういった偏見は今よりもっと強かったはずだもんなぁ。まあクソだが。
原題の「ANY DAY NOW」は最後の歌の歌詞の一部であり、「いつの日か」と訳されていた。マイノリティに対する理不尽な差別は、いつの日か完全に無くなるだろうか。少なくとも自分は気を付けようと思った。
かかぽ

かかぽの感想・評価

4.0
邦題がいい
karinto3

karinto3の感想・評価

4.5
正義なんてない、それでも闘い続ける。悲しいし苦しいしもどかしい、けど希望を感じるラストに泣いた。
aiko

aikoの感想・評価

3.9
差別と偏見

1979年カリフォルニア。
歌手を目指しているショーダンサーのルディは弁護士のポールと心を通わせあい交際を始める。 薬物依存症の母親を持つダウン症の少年マルコと出会った二人は彼を保護し、一緒に暮らすうちに家族のような愛情が芽生え、三人での生活を始める。しかし、ルディとポールはゲイカップルであり法律と世間の偏見に阻まれ、マルコと引き離されてしまう。

ホームビデオと、電話でルディとマルコが一緒に暮らす約束をした後にマルコが荷物をまとめるシーンが良かった。ハッピーエンドが大好きなマルコ、バッドエンドで終わって欲しくなかった。ルディは素晴らしい母親だった。

このレビューはネタバレを含みます

将来僕が好きになった人は、
その人がどんな人種年齢社会的性別だろうと
人前で大きな声で大好きって言う
命がけで守る

将来その人との間にできた子供は、
その子がどんな容姿性格ハンデがあろうと
人前で大きな声で大好きって言う
命がけで守る

心からそう言っていいって自信を貰えた映画でした

映画の中であっても
ひとりの純粋で勇敢な少年の死によってしか
気づけない人間ってほんとに残念
Fukumi

Fukumiの感想・評価

4.0
めちゃ泣くかなおもたら、結構大丈夫で、涙出ずに最後までいって、ラスト5分えずいて泣いた。時代ってほんとにゆっくり進むよね。人間ってほんとに成長がのんびりしとるよね。どんな形があってもいいのに。男とか女とかしょうがいがあるとか、同性愛とか、しょーもないことにこだわらなくていいのに。受け入れることってそんなに難しいんかな。皆がハッピーでいることがなぜこんな難しいのか。ため息ばかり。
こんな現実があったのだと、受け止めたい作品。
YuunaNiwa

YuunaNiwaの感想・評価

4.0
泣いた。切なすぎる
>|