チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

マルコが好きだったもの。人形のアシュリー、ディスコダンス、ハッピーエンドのおとぎ話、そしてチョコレートドーナツ。マルコは僕らに家族をくれた。僕らはマルコをなにがあっても守ると約束した。僕たちは忘れない。マルコと過ごした愛しい日々。

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

すごくよかった……
ゲイの擬似家族とか絶対に誰にも言わせない
ゲイやダウン症児に対する差別偏見がなくならないのは本当につらい
考えさせられる
あ

あの感想・評価

-
とても良い
愛情というかたちのないものを伝えることはとても難しい。
紫

紫の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

思ってたより見やすかった。もっと重いのかと思った。
時代が今よりも差別が酷いから余計悲しい。
デモテープ作ってる時にクリスマス、ハロウィンを過ごした映像が流れてるシーン好き。
デモテープにキスする理由が好き。
"自分の声で歌えるようにデモテープを送るのね。キスは小さな幸運のおまじない。でもね、その小さな幸運が物を言うの"
マルコのクラスの担任が1番何気に好き。"2人のパパ"の絵見せた時に心配してたし。裁判で、"ゲイのこと誰かに話した?"の質問に"もちろんない。私たち人間は性的な生き物です。児童の両親が性をどう謳歌しようと、各家庭の家計ほどにも興味はない。"ってところ好き。
最後はマルコの好きなハッピーエンドが良かった。
11
さいご。°(°`ω´ °)°。
自分と違うことは排除してしまうのが人間なのかもしれないし、多様さを認めることも難しい気がするけど、、、同じ人はいないわけだし考えさせられる。
判断を下す人たちは子どものことを知らない、その子がいなくてもいても同じ生活があるという点が難しい…裁判はそういうものだと思うけど。
eri

eriの感想・評価

3.7
・色々な「自分」がいて、様々な愛の形があるのに、認められないもどかしさが辛かった。
・同性愛のテーマよりもダウン症の方が印象に残った。
・考えさせられる映画。
L

Lの感想・評価

3.8
かなり記憶に残る作品。
特に大泣きしたわけでもないが、この作品を見た後、何か心に穴が空いたような感覚だった。
見た人は自分が気づかぬうちに差別をしていないか、偏見を持っていないか不安になるだろうなと思う
それぞれの生き方が尊重されますように。
これ…最後に号泣〜〜(ToT)
するっと号泣シーンが来るから、色々と感極まって涙が止まらない〜!

実話ベース。アラン・カミングの演技が素晴らしい!!!勿論マルコ役の男の子も。

偏見や家族ということについて、について本当に考えさせられる。手紙をもらった人はどんな気持ちになったんやろう…司法って誰を守るためにあるんやろう…

友達にお勧めあるって聞かれたら絶対に進める映画の一つです!!
>|