チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

あらすじ

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

獏

獏の感想・評価

4.5
初見時すごい見惚れた。幻想的な玉ボケが冒頭シーンに繋がって、あぁ、ってなったなあ



衝撃の実話。
見終わったあと、なんともいえない
ズッシリとしたものが心に残った。

彼らの愛は、そこらへんのカップルや
夫婦となんら変わらないのに、
同じはずなのに、なんで。
観ていてとてもつらかった。


こんなことが二度と起こりませんように。
そして、どんなカップルも
生きやすい世の中になりますように。
ゆ

ゆの感想・評価

3.7
歌がほんとうに切なくて胸が苦しくなった
最近こういう人達の人権もだんだんゆるくなってきたとはいえ
やっぱりニュースとか見てるとまだまだ世知辛いものなのかも
結婚だって出来る場所はかなり少なく限られているし
この作品のように養子縁組だってほぼできないに等しい
ゆるくなったのはテレビの中だけで実際は全然なのかもしれないな
法律だって大昔に決められたものばかりで
現代に沿ってないものが多いんだろうなって
いろいろ考えさせられた
重苦しい題材ではあるが、それを感じさせまいとする音楽シーン。ミュージカルになるわけでもないが、ストレートに歌詞と思いが一致するところは絶妙なバランス感覚。
手持ちのカメラはプライベートな感じを受けるが、メリハリが欲しかったか?
◽︎一言
「世界は理不尽」

◽︎選んだ理由
色んな人からおすすめされていたから

◽︎こんな人にオススメ
社会的テーマ性のある映画が観たい人
ヒューマンドラマ好き

◽︎感想
▪︎ストーリー
母親に捨てられたダウン症の少年を、対照的なゲイカップルの二人が育てていこうとする話。

誰かを愛しく、一緒に居たいと思っても
それでができない理不尽な現実。
愛が認められないってあまりにも切ない。

法律に守られない人達がいる。
そういう現実が確かにある。

▪︎その他
アランカミングの歌が心に響き過ぎた。

◽︎この映画を観た人にオススメ
・メゾンドヒミコ
→ゲイのオダギリジョーと、彼が働くゲイの老人ホームのお話。まだ自分の知らない感情が沢山あるんだなぁと気付かされた映画。
ぽ

ぽの感想・評価

4.5
胸が締め付けられる映画
結末はすごく現実的だけども
言葉が出てこなかった。

どんなに愛していてもそれが認められない。
自分を持ち続けて、愛していると訴え続ける姿には胸を打たれた。

頭の中で整理がつかず、
ちゃんとした感想が出てこないのが悔しい。
でもすごくいい映画だと思う。
Honopi

Honopiの感想・評価

3.7
単なるLGBTの映画ではなかった。
各々が持ってるバックグラウンドの複雑さがありつつも
求めているのは純粋な愛。
とても美しい映画でした。
Moe

Moeの感想・評価

4.1
ゲイカップルが子供を育てて行こうと奮闘する話。
ルディの自分の気持ちに素直に生きようとする姿と、ポールの強さに感動した。
ルディみたいな愛を何よりも大事に生きてるのってかっこいい。
ポールみたいにたくさんの事を考えて良い企業に入ったのに、ルディに影響を受けて自分の思うままに生きようとする姿がかっこいい。
私の生き方は俄然ポールだから、ここから自分の姿を曝け出すのって相当な覚悟と勇気と恥があると思う。それでもルディとマルコを心から愛して行動に移すのはすごいと思った。
最後は衝撃だった。ルディの力強い歌声が3人の願いになって、世の中に届いていくといいな。
Rian

Rianの感想・評価

4.0
胸が押さえつけらる。悲しい。
強制的に泣かされる映画だった
>|