チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

獏

獏の感想・評価

4.5
初見時すごい見惚れた。幻想的な玉ボケが冒頭シーンに繋がって、あぁ、ってなったなあ
まつ

まつの感想・評価

4.5
記録用
ストレートに心動かさせました。良い映画でした。ゲイのカップルが障害を持つ子を近所に住むヤク中の母親から引き取って育てますが、ゲイであることを理由に引き裂かれてしまいます。舞台が40年近く前とは言え、それを理由に引き裂くなんで言語道断ですよ。突然の悲しい結末にしばらく呆然としてしまいました。
きた

きたの感想・評価

3.5
幸せな感動というよりほんとやるせない。
あきら

あきらの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映画の中で誰かが亡くなって、こんなにショックを受けたこと今まであったかしら…

2時間も満たない短い時間の中でマルコが凄く愛おしい存在になっていたから、結末を受け入れるのが辛かった

こんなにもマルコの魅力が伝わってくるのは彼自身の良さなのか、映画の撮り方のおかげなのか、それとも両方なのか…

とにかく愛情のあるいい映画でした。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
LGBT、障害者、子どもの人権について考えさせられる映画。

一見、主人公たちがなぜ他人の子の養護にそこまで執着するのかわからないのですが、おそらく、ゲイである彼らは社会的マイノリティが世の中が生き辛いことが肌身でわかっていて、障害児のマルコに心から共感したからではないでしょうか。

ゲイに対する偏見と、親と一緒に暮らすことが子どもにとって一番幸せであるという幻想(思い込み)に基づいた司法判断はどうみても誤りであり、「子どもの最善の利益」とはなにかを考えていない。それをわからせるためにこの映画は一つの悲劇的な展開を用意しています。マルコは本当に気の毒なのですが、ここまで描ききらないと、わからない人にわからせることはできないのでしょう。
mik

mikの感想・評価

4.0
記録
AyanoIkuta

AyanoIkutaの感想・評価

5.0
マルコ可愛すぎた。悲しすぎるけどこれが現実かって悔し泣き
SARAPIYO

SARAPIYOの感想・評価

4.0
めちゃくちゃ泣きました
これが実話だと思うと本当に辛いけどこれが現実であって沢山の人に見てほしい
二人のマルコに対する愛が素晴らしいし、
人間ってどんなものを抱えてようとこうやって愛が必要なのだなと思う
ム

ムの感想・評価

4.7
これを見た時、あまりにつらい結末で悔しくて切なくてわんわん泣いたのを覚えてる。

3人がやっと見つけた幸せを奪い取る権利なんて誰にも無いはずやのに。

この時代に比べて、今はだいぶ差別や偏見について考え方が変わってきてる。
無くなることはないのかも知れへんけど、それぞれの幸せの形を認められる世の中であってほしい。
>|