チョコレートドーナツの作品情報・感想・評価・動画配信

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「チョコレートドーナツ」に投稿された感想・評価

ゆめの

ゆめのの感想・評価

5.0
最後は涙が止まらない😭😭
ゲイの恋人同士と、ダウン症の子供が家族になろうとするけど、やはり周りからは厳しい目でみられ、法的にも、、、、、
という映画😢😢

こんな結末なんだ😭😭となりました
すごい泣ける映画です🎞


2020年 62本目
フク

フクの感想・評価

4.2
偏見はなくならないし何が正義か分からなくなるなぁ
nonbiri

nonbiriの感想・評価

4.3
ことが起きてから目を向ける。それでも気に止めないで、本題とは違うところに口を挟むのかな。

言葉としてだけじゃなくて心から、そもそもそのように意識しない程でないと差別、偏見は消えないものであるのでしょうか。
今の自分もただ悲しい、苦しいと感じただけで終わらないようにしないとと思った、理解しやすく非常に難しい映画でした。
akaisora

akaisoraの感想・評価

3.0
差別や偏見、ドラッグや育児放棄
生きにくい世界の中で精一杯戦って
失ってしまったもの

でも愛しい日々はたしかにそこにあった
にっこり笑ったマルコの笑顔がぎゅうっと胸を締め付ける
血の繋がりなどなくても強い絆があったのに
最後の結末はとてもやりきれない

ゲイであることばかりフォーカスされ揚げ足取りばかりの審理
女装と仮装のところクソむかついた
ポールが障害者を養子に迎える里親が少ないと訴えるところでハッとした
そういう問題も訴えてたんだと気付かされた
垣根を超えた愛の形を見れた。今ある自分と自分の周りにある愛情をもっと大切にしないと行けないなと思う。メッセージ性が強く、映画は素晴らしいなぁと改めて感じる。
reshofa

reshofaの感想・評価

4.0
絶対ハッピーエンディングになると思っていたのに…
どうしたら偏見なくなるんだろうって小学校の道徳みたいな感想持っちゃった。
愛に溢れる家庭と、
その周りの偏見とのギャップ。
自分には一切関係ない他人のことを、
なぜ人は嫌ったり憎んだりするのか?
1970年代の実話を元にしたフィクションということだけど、
そこから、50年世界は少しずつだけど前に進んでいると思った。
ぬ

ぬの感想・評価

4.5
ルディの笑顔がすき。
歯をみせてニッと笑った顔はとってもチャーミングだし、ほほえんだ顔はすべて包み込むような、なんてやさしさに溢れているんだろう。まっすぐで愛に溢れてて、それでいてくるしい。差別や偏見なく、いろんなかたちの愛がひとつひとつ尊重されたらいいのにね。居場所があるって、おうちがあるって当たり前じゃないんだよね。マルコのひとことひとことが刺さる。
ざやか

ざやかの感想・評価

3.8
愛や正義も法や制度には敵わないなあ。
もっと生きやすい世の中になるといいな。
>|