茶一郎

フルートベール駅での茶一郎のレビュー・感想・評価

フルートベール駅で(2013年製作の映画)
4.1
『それでも彼は悪くない』

 冒頭に流れる実際の事件の映像:衝撃のラストには心が揺さぶられる。衝撃のラストで始まり、衝撃のラストで終わる、衝撃のラストに挟まれた映画。
いつも何気なく見ているニュースの被害者でも一人の人間だと気付かされる。『ヒト』を一人の『人間』にする映画の力がここに

 「ロッキー」のリブートの大成功、アベンジャーズ新作「ブラック・パンサー」の監督に大抜擢されたライアン・クルーガー。
次々と人が描ける作家が大作に抜擢されている現アメリカ映画界の豊かさを感じる。

 たとえアフリカ系でも、前科があっても、悪そうに見えていても、子供がいて、家族がいて、好きな人がいて、一人の人間だと気付かされる。
淡々と描かれるのは問題提起。死に向かって走る電車には背筋が凍った。