メタ

プリズナーズのメタのレビュー・感想・評価

プリズナーズ(2013年製作の映画)
3.6
[何に囚われているの?]


映画としての表現法はリアルであり, 生々しい.
ストーリーはミステリとして1級.
キリスト教詳しいともっと楽しめるのかも.

特殊だったのは, 犯人の目的, 動機
人の本質を浮き彫りにするような根源的問いがそこにはあった.

「人という個体が何によって, どのように変化してしまうのか」

そしてそれにふりまわされる一人の父親.
彼のような状況は, 具体例は違えど本質的にはわれわれにも襲いかかる可能性はある.

この映画そのものも, 観る私たちを変える力を持つ. この意味でどこかメタ的なテーマを感じた.




ここでもヒュージャックマンが強烈に怒ります.
いつ彼の拳から爪が飛び出して来るのかと...