プリズナーズの作品情報・感想・評価

プリズナーズ2013年製作の映画)

PRISONERS

上映日:2014年05月03日

製作国:

上映時間:153分

3.9

あらすじ

アメリカ国民の誰しもが愛する家族と幸せなひとときを過ごす感謝祭の日、幼い少女が消えた。平穏な田舎町に突如訪れた惨劇。手がかりは少なく、警察(ジェイク・ギレンホール)の捜査は錯綜する。そんな中、父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された第一容疑者(ポール・ダノ)の証言から犯人を確信する。残された時間は少ない。「パパはどうして助けに来てくれないの?」愛する娘の叫びを心に聞いた父は、自力で…

アメリカ国民の誰しもが愛する家族と幸せなひとときを過ごす感謝祭の日、幼い少女が消えた。平穏な田舎町に突如訪れた惨劇。手がかりは少なく、警察(ジェイク・ギレンホール)の捜査は錯綜する。そんな中、父親(ヒュー・ジャックマン)は、証拠不十分で釈放された第一容疑者(ポール・ダノ)の証言から犯人を確信する。残された時間は少ない。「パパはどうして助けに来てくれないの?」愛する娘の叫びを心に聞いた父は、自力で我が子を助け出すため、決して超えてはいけない一線を超える決断をするのだが・・・。

「プリズナーズ」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
ムダのない演出はよかった
普通にサスペンスとして楽しめるけど隠された宗教的メッセージの理解は難しい。
この監督、表面的な面白さと水面下の面白さの両方を出せるから凄いな~って思う。
13の理由のクレイ出てたからジェイク・ギレンホールがトニーに見えた笑
Daisuke

Daisukeの感想・評価

4.0
序盤から終盤まで目が離せないほど見入ってしまった。圧巻のサスペンス。
娘を誘拐された夫婦2組の話。

犯行の動機は宗教が絡んでいる。敬虔なクリスチャンでも何か不幸があるとそれがきっかけで殺人鬼になることって本当にあるのかな、って思った。

容疑者への拷問のシーンがむごい。あと特製ジュースが怖い。けどグロシーンや性的シーンもなく、観やすい映画だった。
独身か、既婚か、子供がいるか、いないか、それぞれの立場でヒュー・ジャックマンの行動への感じかたは違ってくるかもしれないが、子供のいる人なら多少なりとも彼の行動を支持する気持ちがないとはいえない。

ストーリー的には非常に面白かったが、
ヒュー・ジャックマンの心情になりすぎて、辛重い気持ちでした。
EriMaekawa

EriMaekawaの感想・評価

3.9
ヒュージャックマンが迫真の演技すぎてどんどん入り込んだ。
ミステリー、サスペンスものだと過去1番かもしれない。
謎があって、謎なのか謎な謎があって。
そして終始問いかけられる。

エラリークイーンみたいな本格的ミステリを映画で、オリジナルで楽しめるなんて。至高だね。
ミステリとして2点だけ気になったけど他はかなり緻密で完成度高かった。

一方で、問いかけられるテーマも重量感あるもので考えさせられる。

さらにメインの2人の演技?が凄すぎる。

傑作です。
トム

トムの感想・評価

4.0
なるほど、皆、囚われ人。
ヴィルヌーヴ監督、癖が強いので、後味悪くて苦手な方はいらっしゃるかも。
ohassy

ohassyの感想・評価

3.5
「何が正しいか、どうすべきかなんてことにはなるべく囚われたくないが、貫く精神力が自分にあるだろうか」


ヒュージャックマン演じる、キリスト教原理主義者でサバイバリストのようなキャラクターは、アメリカ映画ではよく脅威の対象として登場しますね。
「宇宙戦争」のティムロビンスとか、「クローバーフィールド・レーン」のジョングッドマンとか。
いざという時には頼れる存在だし、どちらの映画でも助けられているのは間違いないのに、狂人として描かれることが多い(クローバーフィールドの方は助けられたわけじゃないか)。

極端に無宗教で楽観主義者の僕にとってもそう見えてしまう対象ではあるけれど、本作の中で彼がとった行動は、程度の問題はあっても理解できないこともない。
頼りにすべき刑事が自分と正反対の人間で、一度でもその能力や真剣さを疑ってしまったら、やはり自分が納得のいくやり方で行動するしかない。
取り返しがつかないことになってしまったらもう遅いのだ。
ジェイクギレンホール演じるロキ(ソーの弟ですね、智慧者)は結果的には熱心で超優秀な刑事だったか良かったけれど、神の視点から観ている我々にはそれがわかっても物語当事者にはわからない。
彼のように反体制の人間であれば、なおさら信じられないだろう。
どれだけ怒りが高まってもアダマンチウムの爪が飛び出ないことが、彼をさらにイラつかせに違いない。

一方で、もし自分の娘が誘拐され、絶対に容疑者だと思える人間が釈放されたら、僕はそこまで徹底的な行動を取るだろうか、とも思う。
多分、取るだろう。
方法は違うだろうけれど、目的を達成するためなら自分を正当化できるやり方で。
もしくは捜査に参加させて欲しい。
たとえ無事だったとしても家族が元どおりになるとも思えないし、そうなった以上は誰かに頼っていても意味がない。
自分が正しいと思うことをやるしかない。

脚本がとてもよくできているけれど、アーロン・クジコウスキという人はあまり作品を残していない。
これほどのホンを書けるのであればそれこそ引く手あまただろうに、なぜだろう。
まだ若いからこれからに期待したい。
ドゥニ・ヴィルヌーヴの手腕はもうわざわざ述べる必要がないレベルだけれど、静かで力強いその世界観は緊張感を切らさず、「ブレードランナー2049」や「メッセージ」ほど音に頼っていない本作の画作りは直近2作品を上回るように思う。

ところであの緑色の飲み物は何でしょうね、ちょっと試してみたい気もする。
harumi

harumiの感想・評価

3.9
2時間半、あっという間だった。
>|