ちびまる

おやすみなさいを言いたくてのちびまるのレビュー・感想・評価

3.5
母である一方、戦場カメラマンとして常に身を危険に晒さざるを得ないレベッカ。

仕事への情熱と家族への想いに悩みに悩み抜く母。

どんな仕事だって家庭と仕事のバランスを取るのは難しい。

『世界』を見つめている人間に『家庭』は窮屈だろう。『世界』を相手にしている人が一般的な母親像に収まるのは難しいだろうな。

レベッカのこの先が気になる。これまでのように写真を撮り続けられるのか。

自爆テロの加害者も女性。

女性であることの ある種の優位性とハンデを両方見せつけられた気分。