おやすみなさいを言いたくての作品情報・感想・評価

おやすみなさいを言いたくて2013年製作の映画)

A Thousand Times Good Night

上映日:2014年12月13日

製作国:

上映時間:118分

3.8

あらすじ

【「おやすみなさい」のひとことに込められた想い。 それは母として、そして世界中の人たちの幸せを願うものだった。 <家族の絆>が問われたとき、その想いは届くのか―?】 紛争地帯をはじめ、世界の抱える問題の真実の姿を写真にとらえる―。主人公レベッカを突き動かすのは、名誉や報酬だけではない、「誰にも気づかれない現実」を皆に知らせたいという、使命感に近い想いだった。 それに導かれるようにひたむきに生きる…

【「おやすみなさい」のひとことに込められた想い。 それは母として、そして世界中の人たちの幸せを願うものだった。 <家族の絆>が問われたとき、その想いは届くのか―?】 紛争地帯をはじめ、世界の抱える問題の真実の姿を写真にとらえる―。主人公レベッカを突き動かすのは、名誉や報酬だけではない、「誰にも気づかれない現実」を皆に知らせたいという、使命感に近い想いだった。 それに導かれるようにひたむきに生きる彼女が、生死にかかわる事故にあったことである転機を迎える。「君の生き方を愛している」といってくれた優しい夫、そして彼に任せきりにしていた娘たちと、遠い距離をへだてていても強い絆で結ばれていると思っていた。しかし一家は、レベッカの想像以上に彼女の身を案じて気疲れ、やがて彼女の無謀さに反感すら覚え始めていたのだった。 数々のセリフが繊細に紡がれ、原題に引用された「A Thousand Times Good Night」=「何千回ものおやすみを」というシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』の愛の言葉が、家族と世界への愛に引き裂かれるレベッカの姿に重ねられる。 死が身近な中東やアフリカの紛争地帯と、幸せな家族の象徴である平穏なアイルランドの海辺の家は鮮やかなコントラストを描きだし、美しい映像と音楽に彩られた、究極の人生の選択を描く<家族の絆>の物語が生まれた。

「おやすみなさいを言いたくて」に投稿された感想・評価

みずは

みずはの感想・評価

3.8
紛争地域。
やりきれない気持ちになる。

将来について少し考えさせられた。


長女のプレゼン沁みた。泣けた。
一葉

一葉の感想・評価

3.0
報道写真家が写真を撮る意味?
のり

のりの感想・評価

4.5
男なら悩まなくてもいいことが、女は、妻、母、いろんな立場で、重圧がかかるのか?
危険をおかしても、してしまう
一種の性かな、とも思ってしまった
ジュリエット、ビノシュに、ピッタリの役🙆
ディー

ディーの感想・評価

4.0
「未来を担う子供を想って。」

その穢れなき純粋な一心は、自らの子供の心を傷つけてしまった。

責任感と自己犠牲の心が強すぎるが故に、意図しない場所で誰かが傷つく。

そして物語の中で、自身が被写体となる事によって、自身までもが戦争の副産的な被害者となっていた。

気いていても、止めることが出来ないその姿は、果てしなく寂しかった。
アヤカ

アヤカの感想・評価

4.0
世界に見捨てられた土地を伝えるために命をかけて写真を撮りに行くカメラマンの姿と、夫と2人の娘を母国に残している母親の姿。自分に求められていることを追うのか、いつも覚悟の心を持ちながら恐怖にかられながら母親を待つ家族の元に留まるか。
コンゴ難民が取り上げられてたけど、こういう人は、写真を撮られるのを嫌がらず、むしろ求めてるんだと知った。自分たちの現状を世界に知ってもらうために。
Koga

Kogaの感想・評価

3.3
私の母はジュリエット・ビノビュを好んでいます
あの

あのの感想・評価

-
ジャーナリズム論
恣意性をどこまで引き受けるか?いま、自分が撮るということの責任
猫はどちらかしか選べない
ドキュメンタリー
親になったら、子供に見せたい映画。
mame

mameの感想・評価

4.0
ずっと母親が持つ怒りの感情に対して同感と思いながらみてたけど、ラストで一気にやるせない気持ちになる。
何も出来ないけど、観ないよりはマシだと思ってスコアは高めに。
>|