アダム・チャップリンの作品情報・感想・評価

アダム・チャップリン2011年製作の映画)

Adam Chaplin

上映日:2014年02月22日

製作国:

上映時間:84分

3.0

あらすじ

最愛の妻を、その街を牛耳るボスに丸焼きにされた男:アダムは、悪魔の力を借りて身につけ超超人的パワーを発揮し、壮絶な復讐戦に挑むという話だ。しかしその復讐戦がハンパではなかった。そのパワーでボスの手下である気狂い科学者や、ボスの支配下に置かれた武装警察部隊を片っ端から文字通り殴り殺し、蹴り殺していくのだった。アダムは鋼のような肉体を有し、悪魔に憑かれ、白目を剥いた形相で、野獣のような雄叫びを上げ、…

最愛の妻を、その街を牛耳るボスに丸焼きにされた男:アダムは、悪魔の力を借りて身につけ超超人的パワーを発揮し、壮絶な復讐戦に挑むという話だ。しかしその復讐戦がハンパではなかった。そのパワーでボスの手下である気狂い科学者や、ボスの支配下に置かれた武装警察部隊を片っ端から文字通り殴り殺し、蹴り殺していくのだった。アダムは鋼のような肉体を有し、悪魔に憑かれ、白目を剥いた形相で、野獣のような雄叫びを上げ、その肉体を、その拳を、その蹴りを爆発させる。それは筆舌し難い圧倒的破壊力。まさに“北斗神拳”が乗り移ったかのようである。敵対するボス:デニーは、『北斗の拳』のジャギを彷彿させる。デニーは幼い頃、軍用化学兵器の影響で凶暴化した愛犬に顔を食べられてしまい、命は助かったが二度と見られぬ顔になり、それ以来素顔を鉄のマスクで覆っている。アダムはデニーを倒し、壮絶な復讐戦は終えることはできるのか?そしてその果てには、何が待っているのか?

「アダム・チャップリン」に投稿された感想・評価

毎度のTSUTAYAお取り寄せサービス使って借りてきた。

イタリア、ネクロストーム社製作の超絶ハードスプラッターバイオレンスアクション映画!

人体破壊オンパレードのアクションシーンだけ見れば、まさに実写版「北斗の拳」であります。

オモシロイ! 実にオモシロイ!! なのにこの知名度の低さよ...
やっぱ僕みたいな そのスジの人種にしか需要がないってことか...


あらすじです。
その街を牛耳る悪玉ボスに妻を殺されたアダムが、悪魔の力を借りて復讐する。
悪魔からもらった超絶パワー、その鋼のような肉体で、拳で、敵を片っ端から血祭りに上げていくのであった...


問答無用のその強さ、圧倒的なパワーで繰り出されるパンチ・キックによる人体破壊の様は、まさに北斗神拳そのものであります。(秘孔は突きませんけどね)

破壊される側からは「ヒデブ!」「アベシ!」といった断末魔が聞こえてきそう。

超絶パンチで壁に飛ばされ体が半分ペチャンコに潰れたり、
腕ボッキンに、足ボッキン、
首チョンパに、胴体チョンパ、
顔面破壊に、北斗百烈拳も飛び出す!
って感じで、吹き出す血の量もハンパじゃありません。

ラスボスなんて、血の出る蛇口が頭のてっぺんについてるんじゃないかと思うくらいバシャバシャと凄まじい流血でありました。

ただちょっと残念なのは、シリアス路線仕立ての割に、それらしからぬ「へ?」と言いたくなるようなシーンも随所にみられます。

奥さん殺された理由なんて、単に奥さんが借金の返済期日を守らなかったから。
たかだかそんな理由で椅子に縛り付けられて丸焼きにされるというね。

アダムに超絶パワーを与え「殺せー、破壊しろー」と指示する悪魔も、コワイというより、色が緑色じゃないヨーダ(スターウォーズ)のパペットみたいなキャラで、むしろカワイかったり。

ストーリーや設定が単純な割に、見所のアクションシーン以外の部分が無駄に多いので、比較的短尺の作品な割に長く感じるというか、実際、途中ちょっとダレた感もありました。

ただ、最後の格闘シーンは圧巻で、これぞ超絶ハードスプラッターバイオレンスアクション!と言わしめんばかりの大暴れ。

人体破壊のオンパレードに、これだ!これですよ!僕らが見たかった本当のグロアクションとは!! って感じで大満足なのでした。

途中の余計なシーン全部取っ払って、アクションシーンだけに凝縮した60分映画とかだったら、もっと高評価だったのに、なんて思ったりしたのでありました。
北斗の○とか言ってるから、
もぅ完全期待しまくっての鑑賞。

観るスタンス完全に間違えたかもだけど、完ん全んに観る人選びますよってヤツです。
それから
まぁ展開がおせーのなんのって。
ただ歩いてるだけのシーンが多すぎる。
さすがに何回か寝かけた。
そんなイラナイシーンを省いたら60分弱で良さそう。

血のりの量はハンパないけど作り物丸出しなんで特に痛々しいとか言うアレはない。
基本パターンは
ボコって→グチャって→ゲロゲロ、ブシュー。
アクションも特殊効果に頼り過ぎて何だか特撮ヒーローモン。

ヒロインがタイプじゃナイのもさらにマイナス 。
主人公はケンシロウと言うよりブランドンリーっぽい。

白目は永田裕志。
ちょっと、『北斗の○』って、うっそぉ~ん(;つД`)
とりあえず次回作に期待。
豚肉

豚肉の感想・評価

4.9
素晴らしかった!!
今まで観てきたゴアが生温いとさえ思う出来。凄いですね。

本当に北◯の拳と名乗ってもいいレベルです。
血糊バッシャー!!気合い入りまくり、もうグッチャグチャ。
一発一発の破壊力と勢いが凄まじい、魅せるのが上手いです。
画面の色彩が少しキツめになってますが味が出ていて良いと思いますね。

後から見て驚いたのですが監督も脚本もアダム役もひとりでやってらっしゃるんですね、アダム役をするのに肉体まで作るとは相当な北斗◯拳への愛がなければ出来ないでしょう、その熱に尊敬する。

爽快過ぎてニヤニヤしてしまった。
猫山

猫山の感想・評価

4.0
アダムチャップリン!!

アダムチャップリン!!

アダム!!

\チャップリン!!/

アダムチャップリン!!!!

しゅごい面白かった!!!!
問答無用の暴力!暴力!!暴力!!!

\暴力!!/

これでもかってくらいアチャチャチャチャチャ!!!してて殴られた後の人の顔面がとんでもないくらいに変わってしまうので見ててうほぉしゅごおい!ってなったんだ!!

あんなにカッコよかった警官の顔がまるでどっかの惑星のモンスターみたいになっちゃっててうわぁ凄いゾォ(語彙力

でも絶対やられたら痛いけど不思議と見ててイデデデデデデ!!!!みたいなスプラッター映画特有の何かはそれほど感じられず逆に見てて清々しいスカッとした気分にしかならなかったのが不思議(褒めちぎる

多分それってアダムチャップリンがヒーローだからなんだなぁ!讃える拍手、人間賛歌は勇気の賛歌!!!!!
なんか後ろにいる悪魔にも愛着わいちゃってな└(՞ةڼ◔)」
ダークヒーローってカッコいいよね
北斗の拳好きな人、世紀末感味わえてスカッとしたい人は見るんだ!
それ以外にも映像のヒンヤリ感も猫山は好きだった!!<(´◓Д◔`)>!!
あとなんか登場人物達の話し方がなんかツボだった( ˊ̱˂˃ˋ̱ )b
話も最後までスンナリと見れるし、好き!アダムチャップリン!!!!
yt

ytの感想・評価

4.9
デニーのビジュアル素晴らしすぎ!
ReN

ReNの感想・評価

3.0
Blu-rayで鑑賞。

新宿のビデオマーケットで出会った作品。
監督、脚本、そして主演を務めた
エマニュエル・デ・サンティ
彼は日本の漫画やアニメが大好きで本作は『北斗の拳』のオマージュ作品。
オマージュ作品というだけあって炸裂パンチのシーンは『北斗の拳』のケンシロウそのもの。

全編にわたる残酷シーンも容赦なし。
B級映画ファンならたまらない。

監督自ら、音楽や脚本を手がけ、さらには制作指導。
そしてなによりも凄いのが、あの肉体をわざわざボディービルで鍛えて作り上げたなど、
監督の映画愛と日本の漫画やアニメを愛する想いがひしひしと伝わってくる作品だ。
青二才

青二才の感想・評価

4.2
殺された妻の復讐に取り憑かれた男の話。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
とにかくぶっ飛んでいた、違う意味で1秒たりとも目が離せなかった。
主人公であるアダムよりも、理不尽に殺される敵サイドに同情するしかなく、論理の一切ない世界が斜め上をいってて面白かった。
内容は薄いし、酷い映画だが面白くて常に笑うしかなかった。
GyaOで無料配信されてた時に観たっきり放置してた…

内容的にはほんとにタイトルまんま!!
ひたすら人体破壊、血水?飛沫ばっしゃーんとなり過ぎで
もはやグロいの概念が分からんくなりました。
ここまでやってると逆にグロく感じなくなってきた
てつ

てつの感想・評価

1.5
”最強復讐者”
リアルケンシロウ登場!

ストーリーはあってないようなもの・・・というか、分からなかった(^_^;)
見所はやはりアダムチャップリンのリアルケンシロウ。
あたたたたたとは言わないものの、実写化出来るもんなんやな~と思いました。

血飛沫ブッシャー!人体をこれでもかと破壊する今作。
ですが・・・その血がリアリティに欠ける色水状態なのが残念・・・。

主人公アダムのラスボスとの最終決戦は、やり切ったで~!という感じで、ここまでやったらある意味、清々しい出来映えとなってます。

でも、オススメはしませんw    
紫色部

紫色部の感想・評価

1.5
2018.2.6 GYAO!

ラスト10分の血祭りとその後の着地は存外悪くないが、そこに行き着くまでの間が悪すぎる。
>|