Hero

太秦ライムライトのHeroのレビュー・感想・評価

太秦ライムライト(2013年製作の映画)
3.5
時代の流れとともに減ってきた時代劇。そんな時代劇を支える斬られ役一筋で生きてきた老人を主役に置き、世代交代や受け継がれる意志を描いたヒューマンドラマ。

タイトルの通り、京都・太秦を舞台にした現代日本版の『ライムライト』と言える。本家とは異なるところが多々あったけど、かなりのリスペクトを感じた。

主役の福本清三さん、この人のぎこちない演技が斬られ役という影の立役者の雰囲気を醸し出してた。ナイスキャスティング。

あざといと感じる演出なども多々あったが、福本さんの演技とラストシーンの殺陣にやられた。

2016-3