神様はバリにいるの作品情報・感想・評価

神様はバリにいる2014年製作の映画)

上映日:2015年01月17日

製作国:

3.4

あらすじ

露天商から大富豪へと成り上がったアニキに、ビジネスに失敗した元女社長が弟子入り!婚活ビジネスに失敗し、借金を背負った元起業家の祥子は、失意の中バリ島へ。そこで自称“爽やか”だけど爽やかじゃない日本人の大富豪アニキと出会う。破廉恥で胡散臭そうな風貌のアニキだが、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たちから慕われていた。アニキを尊敬する謎めいた青年リュウも何やらワケありのよう。さらに日本からはストー…

露天商から大富豪へと成り上がったアニキに、ビジネスに失敗した元女社長が弟子入り!婚活ビジネスに失敗し、借金を背負った元起業家の祥子は、失意の中バリ島へ。そこで自称“爽やか”だけど爽やかじゃない日本人の大富豪アニキと出会う。破廉恥で胡散臭そうな風貌のアニキだが、バリ島のお年寄りから子供まで様々な人たちから慕われていた。アニキを尊敬する謎めいた青年リュウも何やらワケありのよう。さらに日本からはストーカーが追いかけてくる始末。祥子は藁をもつかむ思いで、お金持ちになるコツを学ぶためにアニキに弟子入りするが・・・。

「神様はバリにいる」に投稿された感想・評価

tomomorero

tomomoreroの感想・評価

3.0
うーん、登場人物のステレオタイプな造形になーんか感情移入ができんのです
「他人に幸せを、それが自分に還る」って精神わかるけど、、、俺の心が薄汚れちまったのかなぁ
と、ある意味自己啓発に
おまめ

おまめの感想・評価

3.8
結構好きだった。
気合い入れずに見れる映画。

世界は縁で回ってる。

失敗した時こそ笑え。
バリで元気になる、という話。
Yoshitaka

Yoshitakaの感想・評価

2.5
俳優さんは結構豪華です。乗り越える壁が低いのが気になりました。
浪花節と親父ギャクが詰まってます(笑)「世界は縁でまわってる」いい言葉です。エンディング曲がGReeeenの「道」にそっくりなような。
松岡修造とアニマル浜口のようだ。ポジティブ!ポジティブ!ポジティブ人生改造講座!世界ポジティブ化計画!そんなにポジティブになれないよぉ~。そんなにいい人になれないよぉ~
はま

はまの感想・評価

2.8
バリロケなのに、バリの雰囲気をほとんど感じない不思議。
尾野真千子の役が徹頭徹尾自分勝手。まずは借金返せ、と思うが、こういうガンバロー系が好きな人は一定量いるということはわかる。
あじゅ

あじゅの感想・評価

3.0
いい人すぎる。実際にはなかなかいない
アル

アルの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

普通にバリ行きたいなってなる。
幸せが循環してくんや!っていいな〜

尾野真千子の演技は何か鼻に付くしちょっと上手く行き過ぎだし良い人すぎる気がするけど面白かった。
>|