ファーナス/訣別の朝の作品情報・感想・評価・動画配信

「ファーナス/訣別の朝」に投稿された感想・評価

mii

miiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

たった1杯のお酒で飲酒事故につながり犯罪者になりうるし、服役中に彼女は違う男つくるし…人生が一変してしまうことって、自分でもありそうだなと痛感しました。最後のシーンもうちょっと説明がほしかった気がする。敵の真相がなぞすぎる。んでやっぱ撃つんかいと…
わたし的には、クリスチャン・ベールのタトゥー姿が見ものです💁オールバックロン毛とヒゲ、なぜこんなに似合っていてかっこいいのか😭💓素敵すぎます🙏
「荒野の誓い」という作品を観るつもりだったけど、同じスコット・クーパー監督×クリスチャン・ベイル主演の組み合わせのこちらが気になったので、先に鑑賞。

プロデューサーには、リドリー・スコット、レオナルド・ディカプリオも名を連ねている。

舞台はペンシルベニア州ノース・ブラドック。寝たきりの父の面倒を見ながら堅実に働く兄ラッセル・ベイズ(クリスチャン・ベイル)とイラク戦争から帰還し、心に闇を抱えた弟ロドニー(ケイシー・アフレック)。ロドニーは、やがてボクシング賭博の八百長試合にのめり込んでいく—— 。

いや〜、渋い。
いぶし銀。

クリスチャン・ベイル。物語に重さを加えるならこの人よね。文鎮ですか?映画界の文鎮ですか?

ケイシー・アフレック。相変わらず声のキーが高いよね。ヘリウムガス吸った?本番前にガス吸った?

イラク戦争還りの弟が、真面目に働きたくても働けない、いつの間にかレールをはみ出してしまった者の悲哀の感情を爆発させるシーンの演技が圧巻で、流石に上手いなと唸ってしまう。

本作のヴィランは、ボクシング賭博の元締めデグロート。演じるはウディ・ハレルソン。冒頭の登場シーンからして、もうヤバいっていうのがわかる。キレたら手が付けられないタイプで怖い怖い。

兄ラッセルが交通事故を起こして刑務所に服役している間に、恋人(ゾーイ・サルダナ)は彼の元を去り、保安官(フォレスト・ウィテカー)の子を身籠るし、弟も裏社会に傾倒していくし、何もかもが変わってしまう。

クリスチャン・ベールからフォレスト・ウィテカーに鞍替えする心情は理解し難いな…。タイプ全然ちゃうやないか!

もっと稼ぎたいとペティ(ウィレム・デフォー)に頼み込んでデグロートを紹介してもらうロドニー。

この、ロドニーとペティが車でデグロートの元に向かうシーンと、ラッセルと叔父が車で鹿狩りに向かうシーンを交互に映し出して、兄弟の運命の行く末が決定的に分かれてしまった様子を暗示させるカット割りも俊逸。

悲しき末路を辿る弟の復讐を誓う兄。

ラストシーンのクリスチャン・ベイルがまたカッコいい!!

地味で淡々とした物語運びがスコアを下げていると思われるが、重さ、渋さが光る秀作。キャストも良き。

個人的には少し加点気味で。
スコット・クーパー脚本・監督作品。レオナルド・ディカプリオ、リドリー・スコット製作。クリスチャン・ベイル、『ジェシー・ジェームズの暗殺』などのケイシー・アフレック、ウディ・ハレルソン、ウィレム・デフォー主演映画。フォレスト・ウィテカー、ゾーイ・サルダナも出てます(^^)

アメリカの片田舎で暮らす主人公が、ささいなことをきっかけに転落の人生を歩む姿をつぶさに映し出す。閉塞感漂う町で必死にあがきつつ生きる男たちの生きざまが胸に突き刺さる。

寂れた鉄鋼の町ブラドックで育ったラッセル(クリスチャン・ベイル)は、製鉄所で勤務しながら高齢の父の世話をしている。一方、彼の弟ロドニー(ケイシー・アフレック)は、イラク戦争のトラウマを抱えて鬱屈した日々を送っていた。ラッセルは平穏な日々に満足していたが、ある晩、予想外の事件が起き……。
MAKI

MAKIの感想・評価

2.5
逆境からの復活劇。そういう作品を見たい人には良いかも。特筆すべき点は無し。
いや、、、辛すぎるし、あれで本当に救われたとは思えないや。
ある日突然、180度変わってしまう…人生ってこういうものなのか。神様は残酷だな。
地味な雰囲気かつ終わり方も微妙で少し物足りない映画だけど、クリスチャン·ベールやウディ·ハレルソンはこういう役をやれば間違いなく最高にハマりますな。

ケイシーアフレックなど他の出演者も味がある演技で存在感があってとてもいい。
ゾーイ·サルダナさんもやっぱり美人。
chiyomi

chiyomiの感想・評価

4.6
『ファーナス/訣別の朝』2013年 監督スコット・クーパー。プロデューサーはリドリー・スコット、レオナルド・ディカプリオ他。クリスチャン・ベール、ケイシー・アフレック、ゾーイ・サルダナ他。強い兄弟愛が悲劇を生む。豪華キャスト!ケイシー・アフレックのイカれた演技が光る。
たろさ

たろさの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

平凡でささやかながら幸せな生活を送っている男ラッセル(クリスチャン・ベール)を不幸が襲う。自動車事故を起こしたせいで刑務所に入る。そのせいで父親の死に目に会えない、恋人は別の男と付き合って妊娠している。さらに、働いていた製鉄所が近いうちに閉まる、弟は射殺されてしまう。閉塞感のある街並みも相まって観ていてつらい。

ウディ・ハレルソンがいい。「ゾンビランド」等でコミカルな役もやるけど、彼の真骨頂は頭のおかしい暴力野郎役。彼の魅力が存分に詰まっている。最後はちょっと呆気ないかなとは思うけど。
mota

motaの感想・評価

2.2
ポンコツだけどいい奴な弟の仇を伐つ!
もう少しスピード感があってもよかったかなと思いつつ、基本いい人ばっかりの豪華キャスト!
>|