リベンジャーの作品情報・感想・評価

「リベンジャー」に投稿された感想・評価

ジョン・フーさんはイケメンでアクションも本格的で良かったのだけど、カット割りが多く、非常に見づらかったのが残念。ストーリーもあって無いような内容だったので、いい作品に出て有名になって欲しいですね。
彦次郎

彦次郎の感想・評価

3.0
父母を殺され自身も脳に銃弾を撃ち込まれた末に看護師の手引きでムエタイマスターみたいな人に引き取られた少年が成長し復讐するアクション。
前頭葉にダメージがあったのか感情及び感覚を失った模様ですが、修行で集団にボコられている時に辛そうだったり青年になってからフランス人記者と深い仲になったりと、どこまで本当か分かったものではありません。むしろ複数人を相手にした時に自ら武器を捨てステゴロで勝負しようとする精神性が凄いと思います。
話は平凡ですがアクションはかなりの迫力でキチンと主人公が映えていたのではないでしょうか。
てるる

てるるの感想・評価

2.5
トニー・ジャー以降、なかなか世界的な知名度を誇るムエタイスターが出てこない。

この主演の人も知らなかった。

子供の頃に両親を殺され、自身も頭を撃たれて生死の境を彷徨う。
奇跡的に回復したものの、脳に損傷を受け感情を喪っていた…

リベンジものは大好きなんだけど、イマイチハマれない。

雑なラブロマンスや、謎の元フランス警察の人とか入れてるけど、薄っぺらすぎる!

そして復讐ものとしては悪党のボスにも手下も誰一人として華がないのも残念。
行動も雑すぎる。

肝心のアクションだけは悪くない。
トニジャほどの派手さは無いけど、かなり動けるのが分かる。

でも撮り方が良くない。
チンピラどもとのバトルで影だけで見せられた時はどうしようかと。
あと暗いシーンはガチで暗くて何やってるか分からない。

何とも言えぬアクション映画。
感情を失った最強になって復讐する!!
たまらん!!
感情がないから容赦しません!!
ちょいちょいリュックベッソンみがあるね。
往年のハリウッド映画のように、一人で全部解決しちゃいます主人公。

こういう系の主人公がいたら、警察などの治安組織は基本的に後処理係。映画が終わったあと、彼らが後片付けしてくれます、というちょっとしたリアリティのためにある。必要だが劇中ではまったく活躍しない。まあ、拳で解決する主人公の邪魔にならなくていいけどね。

主人公は現代医療から離れ、謎の薬草と謎のムエタイマスターにより謎の復活を遂げ、二十年間のムエタイ修行を遂げたのちに、両親の仇討ちのために街へと戻る。もやは、マーベル映画を筆頭にアメコミヒーロー溢れる時代では、謎のムエタイマスターによる復活劇はスーパーヒーロー誕生にしか見えんかった。ムエタイパワーで倒しまくるだけだがな。あの謎の薬草は何だったのか。

制作年を見れば今から十年前とは思えないほど、酷い酷いカメラワークに暗い場面ではよく見えず、最初のシーン辺りではカメラレンズに水滴がついたままの映像、その水滴に意味はない辺り何も考えてないんだろうなぁ、という残念さ。しかし、あの『マッハ!』からトニー・ジャーを出し、ムエタイアクションを世界に広げたタイには、まだまだムエタイマスターがいるというのは良いニュース(何人か見たことはあるが、この役者さんは知らなかったし)。

カメラアングルとか最悪だけど、何にも考えずに見られる脳筋映画としてはちょいとお勧めできる感じかな。主人公のなぁんにも考えてない抜けた危機感ゼロな敵とのやり取りは好みだった。タイ映画ならではの抜けたギャグシーンとしては、今作が一番良かった。ギャグキャラではなく主人公が抜けているところがいい。アクション映画にはギャグだけのキャラはテンポを悪くするだけだから要らん。が、映画の緩急にこの具合は程良かった。

さて久しぶりにタイのアクション映画を漁ろうかな。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

2.0
【格闘アクション:フランス・タイ合作】
ジョン・フーが主演を務めた格闘アクションらしい⁉️
まぁ…セリフは…だし…アクションも骨が折れるような音でごまかしてる…
暇な方以外は…どうかと思う作品でした😱💧

2021年1,364本目
Miyuki

Miyukiの感想・評価

-
10歳のマニットは汚職を捜査していた両親を目の前で殺された。マニットは一命を取り戻すが後遺症で感情を無くしてしまった。看護師が母親変わりになりムエタイの達人アジャのところへ引き渡す。成長したマニットは真実を知り復讐へ。その途中アメリカ人🇺🇸のジャーナリストのクララが襲われているところを助ける。
LEE

LEEの感想・評価

3.2
ドラマ版ラッシュアワーでリーを演じたジョンフーの主演作


感情や感覚を失った男が復讐の為ではなく正義の為に両親を殺した奴らを倒しに行くというもの
だけど感覚を失ったって設定がブレブレだったり、そこまで主人公が仇を討つことに関しては興味なかったりなどそんなにストーリーに魅力を感じられなかった
あと敵のボスや仲間のフランス人とかのキャラクターがポット出で、薄かったのも残念だった


ジョンフーはムエタイの動きにしては細いけどもしっかり動ける実力派
だけどもカットがすぐに切り替わったり、全体的に画面に影が暗かったりとちゃんと自分でやったりしてたのに残念だった
電車のシーンは明るくカット割りもしっかりしていて面白かったので、これを全編続けて欲しかったなと感じた
あと今殺せよ!と思うシーンがあったのもご都合主義な感じがあって残念だった


光る部分はあるものの全体としては残念な一本
でもジョンフーの今後の活躍は楽しみになった
Anteater

Anteaterの感想・評価

3.2
警察署全体に蔓延っていた汚職を捜査していた父と母を目の前で殺され、自身も頭部に被弾した主人公・マニート。
奇跡的に生き延びた彼だったが、後遺症として感覚と感情を失ってしまった。
彼が再び狙われていると知ったある看護師により田舎町に逃がされたマニートは、そこに住むカンフーの達人に育てられる。
たくましい青年に育ったある時、唯一の肉親だった叔母が亡くなり、生前彼女が集めていた汚職事件の資料を基に父に何があったのか調べ始めるが…

一応あらすじを書いたけど、正直ストーリーはあってないようなもの!(笑)
物語を楽しむというよりアクションを堪能する作品!
だってめちゃくちゃツッコみどころが多いんだもの…(笑)
でもでも、主演ジョン・フーのアクションは最高‼
結構筋肉質なのに超身軽だし、ハイキックがすっごくキレイだし…
「ラッシュアワー」のドラマver.で彼を知って見てみたけど、まさかこんなに魅力的だとは思わなかった!
サラッとジョークを言うのもいい!
改めて言うけど、中身は気にしないで‼(笑)
>|

あなたにおすすめの記事