ヤムヤム

プールサイド・デイズのヤムヤムのレビュー・感想・評価

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)
4.1
サムロックウェル最高かよ(T^T)

両親が離婚。14歳のダンカンは母親の方へ。離婚した両親はにはそれぞれもう付き合ってる人がいて、母親のはダンカンに対して、お前は10点中3点だとか何かと当たりが厳しい(←オープニングから腹立たしい!!)。夏はそんな恋人の別荘へ、それぞれの家族を連れてすごすという、内気なダンカン最悪の夏がはじまった。なじめず居場所がないダンカンが出会ったのはプールの監視員をしてるオーウェン。ちょっと荒っぽいけど、ダンカンはしだいに打ち解けてプールでバイト開始!

タイプです、このストーリー。居場所がなく孤独だけど、だんだんと話せる人が増えて、自分を理解してくれる。ここにいてもいいのかなって思えてくる話。こういうの泣いちゃうんです。自分もこの映画とは違うけど同じような経験があったりしたので、嬉しくなっちゃうのよ。主人公が笑うとこっちも嬉しくなる。でーー、まぁ泣けたわけですが、こういう話を大いに盛り上げてくれたのがオーウェンのサムロックウェル。まじ、さいこうかよーーーーっ

マダオっぽいんだけど、いざ見せる本気の一言か最高にかっこいい。ダラダラやってるけど、なんだかんだでたぶんプールのスタッフはみんな好きなはず。ダンカンと出会った場所でのパックマンのやり取りもなんか好き。ハマってキマってます。

それ以外のダンカンの母親の恋人とかイライラするキャラばかりですが、最後に見せた母親の行動で希望が持てたのでホッとしました。レビュー500本目、夏の終わりにピッタリな一本になりました。