V

やさしい本泥棒のVのレビュー・感想・評価

やさしい本泥棒(2013年製作の映画)
3.8
感想を書くのがおっくうになっていますが。何週間か前にこれを見てえらく心動かされました、ので書きます。そしてオススメです。

ナチス政権の時代のドイツのお話。政治的に邪魔なものは排除されるそんな時代。子供から夢と未来を奪っては「お国のために…」を教育する。人から他人への思いやりを奪っていく戦争がどれだけの子供の純粋な希望を潰していくか。が、なんとなく分かるんじゃないでしょうか。もちろん映画だから綺麗に描かれることが多いとは思いますが、それでも伝わるものはちゃんとあります、。
本を愛した少女とその少女を取り囲む人たちとの関わりがとても素敵です、とても。
p.s. 少年がとても可愛くて、美少年です。