我が家のおバカで愛しいアニキの作品情報・感想・評価

我が家のおバカで愛しいアニキ2011年製作の映画)

Our Idiot Brother

製作国:

上映時間:90分

3.5

あらすじ

ネッドはバカがつくほどの超正直ものの天然男。いい人過ぎて、友人の警官に大麻を譲ってあげたら逮捕されてしまった彼は、出所後に彼女にもフラレ、居場所を失う。彼の3人の妹たちは、めんどうな兄を煙たがり、なかなか引き取ろうとしない。しぶしぶ、交代で彼を受け入れることにするが、兄は予想通りのトラブルメーカーで、あまりに正直すぎる言動で、迷惑をかけ続けるのだった。しかし、どこまでも憎めない彼の生き方を目にす…

ネッドはバカがつくほどの超正直ものの天然男。いい人過ぎて、友人の警官に大麻を譲ってあげたら逮捕されてしまった彼は、出所後に彼女にもフラレ、居場所を失う。彼の3人の妹たちは、めんどうな兄を煙たがり、なかなか引き取ろうとしない。しぶしぶ、交代で彼を受け入れることにするが、兄は予想通りのトラブルメーカーで、あまりに正直すぎる言動で、迷惑をかけ続けるのだった。しかし、どこまでも憎めない彼の生き方を目にするに連れ、彼女たちの考えは少しずつ変わってゆく…。

「我が家のおバカで愛しいアニキ」に投稿された感想・評価

観た後にとってもやさしい気持ちになれるいい作品でした。

全編通してのんびりほっこり。
素直で人がよすぎるいいお兄ちゃん、玉に瑕なのはちょっとおしゃべりで聞かれたらなんでも答えちゃうだけ!
全然憎めない良いお兄ちゃんでした。行く先行く先でトラブルを起こしていくんですが、結局本当に悪いのは自分たちでお兄ちゃんはただ正直なだけなんですよね。

「まずは人を信頼すること」
「こっちが疑いを捨てれば相手も応えてくれる」
いい言葉だなーと思いました!
いとおしい
主演のポール・ラッドが可愛い!
gon

gonの感想・評価

3.5
ポール・ラッド・カワイイ・ムービー
とり

とりの感想・評価

3.5
「コミュニケーション不足だ」現代人が直面している課題に自然体で答えを出してしまうバカ兄貴をポール・ラッドが魅力いっぱいに好演している素敵なコメディ。彼扮するネッドは嘘がつけず口が滑ることで様々な問題を引き起こしたり、解決したり不思議なイザコザが起きてそれが複雑化していく。ネッドは無条件で愛してくれるし、一歩踏み出す勇気をくれる。彼の言う事、なす事は真実で心に刺さって優しい気持ちになれる、だから純粋さのどこが悪い?頭弱くなんかない!そもそも今のご時世に大兄妹を演じる豪華で魅力的な役者陣の面子にこんな兄妹実際にいたら濃いけどいいな~と思った。ゾーイ・デシャネルはやはり可愛い。ウィリー・ネルソンとドリー・パートンの不思議でロマンチックで夢溢れる出会いで終わる。Really? →笑顔
「ガキと大麻を吸って倒れた。打ち明けるために来てる」
It's decidedly uneven, but like Paul Rudd's performance in the title role, Our Idiot Brother is too charming to resist.
TOMATOMETER68%AUDIENCE51
ポール・ラッドのいいところをぎゅぎゅっと濃縮。あーもうありがとう。どこまでもいい人ってちょっとバカに見えるよね、でもそのバカをバカにするような世界は悲しいよね。現代のキリスト、という裏設定がうまいこと効いてる。朗らかな笑いと何気に辛辣な皮肉。とにかくアニキには笑っていてほしいなと思う。
愛おしいって言葉が最高に似合う映画。
green

greenの感想・評価

3.0
あんな兄ちゃん最高じゃん。
きょうだい多くてうらやましい。
18/141
あ

あの感想・評価

3.0
なんか笑えます
>|