R

インサイド・ヘッドのRのレビュー・感想・評価

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)
4.8
自宅テレビで友人一人と鑑賞。

人の感情にも自我がある世界。少女ライリーの脳内にも、ヨロコビ、かなしみ、イカリ、ムカムカ、ビビリが住んでいる。 ライリーの引越しを発端に脳内で繰り広げられる脳内ファンタジー!

これは話はわかりやすく作られてるが、とんでもなく良くできた作品だな。

まず、脳内の仕組みの上手い設定!!

確かに昔から頭を離れられないCMの歌とかついでちゃう時があるけど、なるほどこうなってると考えると納得がいく。
他にも事実と意見がごっちゃになるとか夢の撮影現場とかちょいちょい小ネタがストーリー上描かれるんだけど、フフフてなりながらも、やっぱよくできてるなーと感じてしまうんだよね。

さすが、ピクサー恐るべし。

つか、そもそも感情にキャラクター性もたせて一つの話作るとかなかなか考え付かないわ。まぁ、これより先に「脳内ポイズンベリー」て作品もあったが…
。うまく差別化できているのかな?

それと並行して、少女ライリーの心の成長の描き方も上手い。
ヨロコビのいなくなった指令部でのグダクダ具合からくるいきなり泣いたり、小さいことでキレたりといった情緒不安定さとか、あ〜、俺もあるわと少し恥ずかしくなった。

俺の脳内でもこんな感情同士のやり取りが繰り広げられてるのかね。

ライリーだけじゃなく、それぞれのキャラの中にも感情がいてそれぞれリーダー格が違う点も面白い。自分の周りの人の頭の中を想像して「あいつはこうなってんじゃないか」って想像しながら観るのも面白いんじゃないでしょうか?


あと、これだけは言わせてくれ…


「ビンボーン!!!!!!!」

なんなの?あの涙のカツアゲ?
あんなん泣くわ!!映画館で一人号泣だわ!!

近年で見た一番泣ける自己犠牲シーンだった。
ただ泣けるだけじゃなくて、自分にもそういった幼少時の心の拠り所になるパーソナルな存在がいて、そういった存在が年重ねるごとにだんだんと忘れていくからこそ、感情移入して泣けるんだろうなぁ。

あと、こういった映画だと最後なんらかの形で復活するパターンがあるんだけど、それもないのもリアル。そうだよな…。そうなんだよな…。

自分だけの大切な心の友だちもいつか大人になる上でそれがいつかはわからないけど別れなきゃいけない時がくる。

この映画は単純に面白いんだけど、そういう寂しさも感じさせてくれる道徳上とても良い映画だと思いました。

楽しい友だち
ビンボン
ビンボン
ロケットで飛ぶよ
ビンボン
ビンボン
歌が大好き
最高のやつさ