ワンダーよにだ

インサイド・ヘッドのワンダーよにだのレビュー・感想・評価

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)
2.9
クオリティ高すぎて、出来が良すぎて、細か〜い所まで気を使いすぎてて、全然面白くなかった…泣

ピクサーは大好きだし、なんならモンスターズインクがベストピクサーなんだけど、
今作にワクワクや感動を素直に持てなかった。
(楽しめなかった自分にかなりショック)


アイディアや設定の細かさ、ワクワクする色使い、流石のピクサーなんです。

こういう頭の中を擬人化〜とかって、普通は設定が甘くて突っ込みどころが多いはずなのに、しっかりやりきってて1個も突っ込みどころが無い。
でも、それが楽しめなかった原因なのかもしれない。
アニメにしてはかなり複雑な設定だし、アイディア盛り込み過ぎてて、全体的にかなり説明口調なのがちょっと戸惑ったし、
設定に全てを集中して、上手くストーリーと絡ませられてない気がした。

そして今回、出てくる主要キャラが感情たちだから、あんまりキャラクターの喜怒哀楽を楽しむとかできないじゃない?
キャラデザも微妙だし、好きなキャラが1人もいなかったのも辛い。

なんかこういうみんなが褒めてて、明らかに素敵な作品オーラの映画を楽しめなかったのって、自分に自信なくなるんだけど、
今回本当に話がつまらなかった。

メリダとカールじいさんもピクサーの黒歴史だと思ってるんで、
同じ思いの人は苦手かもしれない。