いち

インサイド・ヘッドのいちのレビュー・感想・評価

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)
4.5
子供はこれからを知り、親は泣く映画


綿密な感情という、複雑なものへの分析、そして、脚本に感動しました。
しかも、思春期に近づくとても複雑な子供の感情をカラフルなかわいい世界観とともに表現されていることに圧倒されました。

ライリーの脳内の感情の中のヨロコビ、カナシミの冒険劇で、その冒険の中、カナシミの必要性や大人になっていくことが見事に描かれています。自分自身もなるほどなぁと思うぐらいです。

吹き替えで鑑賞しましたが、ゲスト声優の演技力は素晴らしく、違和感なく観れます。佐藤二朗さんが特にすごいなと思いました。

今作は感情達はとても可愛らしく、一見子供向け?かと思いますが、個人的には中学生あたりの子供とその親で観てもらいたいなぁと思いました。
子供達はこれからの思春期について学べますし、大人達はきっと今までの子育てを思い出し、涙すること間違いなしです。
ぜひ、親子で肩を並べながら、観てもらいたい。あったかくて、優しい映画です。
おまけのライリーの初デートも可愛らしく、オススメです。



ついでに、レンタルの返却期限ギリギリで観たため、家事をしてたせいか噂のドリカムPVは観ることなく視聴しました(レンタル版はそもそも入ってたのかな??)
そこだけ、観なくてよかったかも(笑)