ふうこ

インサイド・ヘッドのふうこのレビュー・感想・評価

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)
4.8
わくわくする夢のような世界観と、小さな子でも楽しめるストーリー。そしてそこに細やかに描かれる、感情の物語。

ピクサー作品はほんとうにどれも泣いてしまうのですが、今作も例にもれず涙が止まりませんでした。心洗われる良い涙を流させてもらいました ^ ^

ヨロコビとカナシミが居なくなってしまうことによって、ライリーの人格や思い出がつぎつぎと壊されていく、という設定には深く頷かされました。
また、カナシミがあるキャラクターを慰めるシーンは印象的。
ヨロコビは生きていく上でとても大切な感情だけれど、カナシミがなければ誰かの涙に寄り添えない。カナシミがなければ、思い出さえ薄くて浅いものになってしまう。

「これは、あなたの物語」
というキャッチコピーどおり、ライリーの感情や思い出が、自分のことのように錯覚して、涙が止まらなかったなぁ…

また、ビンボンの存在もとても大きかったです。彼の存在は、切なくて、優しくて、温かかった。
わたしも空想好きの子どもだったので、なんだか切なさに胸を打たれました。

個人的に、イカリを無理にでも抑え込んで、そのシワ寄せで時々辛くなってしまう悪い癖があるので、そんな設定でも、この作品を観てみたいかも(笑)
イカリを封じ込めると、どうなるのだろう。
ヨロコビやカナシミだけでなく、ムカムカやビビリ、イカリも居なくなってしまったらいけないと思うのです。

そういえば、エンドロールの、町の人々の頭のなかも面白かった!
なんだか、みんな可愛いな。
こうやってみてみると、みんなそれぞれの一生懸命さで毎日を生きてて、愛しくなってしまいます。

いつか子どもができたら必ず観せてあげたい作品がまたひとつ増えました。お腹いっぱいです。