国分蓮

インサイド・ヘッドの国分蓮のレビュー・感想・評価

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)
3.9
吹き替えにて鑑賞。

前作のピクサー作品(メリダ、ユニバーシティ)は個人的にプロットの内容からしていたたまれなかったけど今回は満を持して「ピクサー感」は戻ってきたと思う。
同時期に脳内ポイズンベリーという似た映画が公開されましたが、似て非なるもの。
中身の種類は違いました。

両親の頭が少しアホなところが好きです。父ちゃんの性格も抜け作な顔も好きです。
主人公がアイスホッケーにハマるっていうのもなんだか斬新ですね。
脳内では、喜怒哀楽あらゆる感情がキャラクターとして登場します。
とにかくヨロコビは元気はつらつ明朗闊達、カナシミはどこまでもネガティブ疑心暗鬼にして自暴自棄で意気消沈しています。
前編ではあまりのカナシミの落ちっぷりにイライラする人もいると思いますがそれが狙いでもありました。
というのは、カナシミに隠されている「ある秘密」をより一層強調させる結果になっているからです。表裏一体。

テンポが良いので最後まで観れます。ピクサーイズバックですね。

ずっとビンボンの声がピエール瀧だと思ってたんですけど佐藤二朗だったんですか。勇者ヨ◯ヒコの仏役…嘘だろ。
アナ雪のオラフそっくり。
その他、泣くと目から飴ちゃんが溢れるとか、子供心遊び心に溢れていて面白いです。
このセンスはなかなか考えられない。
道に続いているいっぱいの飴で笑ってしまいました。