凡々

インサイド・ヘッドの凡々のレビュー・感想・評価

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)
4.2
すっごい

人間の感情についての入門映画

歴史の偉大な人達が築いた内面に関しての礎を子供に楽しく分かりやすくアニメーションで。

自分は人間の内面について学術的に詳しくはないが、おそらくピクサーの方々は細かいとこまで含めて表現しているのだろう。

細かい所までサービスの行き届いた作品。最後の最後まで隙がない。遊び心も溢れている。
人間の感情の複雑さをここまで簡単に見せるのはとーーーっても大変だったに違いない。

気に入らないのは邦題。
inside outという原題ではなく
インサイドヘッド

感情が頭の中なのか
魂が存在する話もあるのに。胸中という言葉だったり。
頭で考えるのは思考の要素が強い気がして、いまいち納得出来ない。

レミーのおいしいレストランもそうだ。原題はラタトゥイユ。
原題を見て映画を観ればとても粋なタイトルなのだ。

分かりやすさ含めてそういった邦題になるのが致し方なくなる日本の現状が嘆かわしい。

音声解説を観て改めて追記しようと思う。