インサイド・ヘッドの作品情報・感想・評価・動画配信

インサイド・ヘッド2015年製作の映画)

Inside Out

上映日:2015年07月18日

製作国:

上映時間:94分

3.7

あらすじ

「インサイド・ヘッド」に投稿された感想・評価

学校の先生がめちゃくちゃ悲しみに似てて思い出したんだけどもはや実写版
5hun

5hunの感想・評価

4.0
気に留めることもなかった「感情」の大切さ。生きることの尊さを再認識させてくれる
夏

夏の感想・評価

3.8
喜びの声優が竹内結子で、わかんないけどリカルデントのCMが焼き付いてて、なんか集中できなかった。これは僕のせいです。設定もよし、映像よし、カラフル、ストーリーもよし、エンディングもよし、褒めるとこしかないです。ただ、リカルデント!!
ヴレア

ヴレアの感想・評価

4.5
子供向けかと思いきや大人でも楽しめるとても深い作品だった。
なんでも擬人化してしまうのは日本人だけかと思いきや、海外でもこんな発想があったとは。人の持つ感情の擬人化。

人が産まれた時最初にある感情は“喜び“。それが、成長するに従って“悲しみ“や“怒り“などの感情が増えて行く。
その過程がとても丁寧に描かれていた。
喜びが悲しみとコンビになっていて、喜びは悲しみを排除しようとするんだけど、でも道を覚えているのは悲しみで、悲しみには悲しみの役割があって、どの感情も欠けては駄目で、というのがとても深いなと感じた。

また、子供と大人では感情のリーダー格が違っていたり、大人の方がより複雑な回路を必要だったりちゃんと考えて作られてるなぁと感心した。

1人の人間の物語としてはごく平凡なストーリーだが、頭の中では擬人化された感情達がこんなに壮大な冒険を繰り広げているなんて、凄いイマジネーション溢れる内容だった。
にじ

にじの感想・評価

3.3
基本頭の中の話なので画面的に派手さには欠ける ハートフルストーリー
親の都合についてくしかない子どもの悲哀と成長物語
なんだかんだビンボンが忘れられてしまう場面と家出未遂から帰ってきたライリーの場面が泣けた
「忘れる」「悲しみ」はマイナス面で見られがちだけど、時間が癒やしてくれるという言葉があるように良くも悪くもなにごとも風化する
悲しみに寄り添えるのは悲しみしかなく、悲しかったね、と向き合うことで切り替えもできる これでワンセットなのかな、と考えた
楽しかった思い出も固執してしまったらそれは楽しい思い出と言えるのか
もう取り戻せないならやっぱり「忘れる」しかないと思う
この「忘れる」は喪失ではなく、喜びの思い出から悲しみの思い出に変わったように置き換えが必要で、それこそが人間あらゆる環境変化の場面で必要とされるのではないかな
喜びと悲しみはこの物語の通り表裏一体で、そこから「懐かしい」という思い出も生まれるのかなぁとか
「懐かしい」と思えてはじめて忘れることができるのかも知れない
忘れることは喪失することではなく、悲しむことは忌まわしいことでもない
成長していくにつれいろんな感情がまぜこぜになって、そのぶんどんどん制御の仕方や発散の仕方も覚えていける
まあ果たしてそんな大人どれほどいるのかという気もするけど
果たして思春期になったライリーの司令部は一体どんな混乱に陥るのかちょっと気になる

しかし根暗としてはヨロコビについていけなかった
あんなのが周りにいたら疲れる
空想彼氏大量生産笑った
ゆり

ゆりの感想・評価

4.4
初っ端泣き、ラストも泣き。
ひとりっ子のライリーが我慢してるのをみて、どうしようもなく愛おしくなった。

かなしみの大切さ。
かなしみを素直にだすことで
人とつながれる時があるんだなあ。
ビンボンすき
purichii

purichiiの感想・評価

5.0
「ヨロコビ、なんとかして!早く!」
「カナシミ、あなたがやって」
「わたし?」
「カナシミ?」
「カナシミ?」
「そんな無理だよ」
「ううん、出来る!あなたが必要なの」

「笑っててって言われても、でも」
ピクサーで初めて寝た
>|