1SSEI

007 スペクターの1SSEIのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
4.0
サム・メンデス。
この人は本当に天才だ‼︎

007シリーズ24作目。ダニエル・クレイグ版で4作目がこの「スペクター」

SPecial Executive for Counter-intelligence, Terrorism, Revenge and Extortion(対敵情報、テロ、復讐、強要のための特別機関)の頭文字をとってSPECTRE。(なんて直球な名前…)

彼らは世界を裏から操る悪者なのだ‼︎

007の敵といえばスペクターってくらいに有名な敵ですよね。007情報弱者の僕でも知ってるくらいですからね。しかし、版権の問題やらで長らく登場できていなかった(らしい)

そんでもってダニエル・クレイグがボンドに就任するタイミングで原作1作目の「カジノロワイヤル」で仕切り直し、前作「スカイフォール」で真の意味で仕切り直し、
今回 満を持してスペクターが登場‼︎

そしてそれをお膳立てするのが天才サム・メンデス‼︎

メキシコの死者の日のパレードから物語は始まる。
クレイグ版ボンドにしてはアクションもないし大人しい入りだな。

いやいや、そんなこたあない‼︎

なんと長回しでカットが途切れることなく進む‼︎あの大人数を1カットに入れるってことは誰かミスしたらやりなおしですよ。天才かよ、あんた。

からのオープニング。
もちろん、言うまでもなくいい。

そしてここから、これまでボンドがやっつけてきた敵達の裏に存在する謎の組織スペクターを彼が追うという物語が始まります。

このように作品の構成上、過去作が重要になってきますので少なくともクレイグ版の作品はマークしてから行くことをお勧めします。

作風はスカイフォールのようなどシリアスではなく、シリアスなんだけど僕たちが思い描くジェームズ・ボンドに近づいた感じ。

秘密スペック付きアイテム、ボンドカー、そして非常事態でも冗談を言うなどなど。

クレイグ版が今まで積み上げてきたシリアスなボンドイメージと、007が半世紀以上かけて作り上げたパブリックイメージを絶妙なバランス感覚で組み込む。天才かよ…。

そしてボンドガールはレア・セドゥ‼︎‼︎レア・セドゥ‼︎‼︎‼︎レア・セドゥ‼︎‼︎‼︎‼︎(大事なことなので3回言いました)

僕、レア・セドゥ大好きなんですよ。しかも今回のレア・セドゥは見た目もキャラもドストライク。
レア・セドゥをキャスティングするあたり、あんたわかってるよ‼︎

あともう一人ナイスキャスティングといえば、スペクターの首領ブロフェルドにクリストフ・ヴァルツ。

僕なんかはブロフェルドって猫抱いてるイメージしかないんですが(ちゃんと猫でるよ‼︎)、武闘派というよりは自分では手を下さないけど悪知恵は凄いみたいなキャラ。
それは同時にクリストフ・ヴァルツにやらせりゃ右に出る者がいないキャラでもあります。

あの飄々としてるけど、誰がどう見たって悪者な感じ。最高。

あと他にもMとかQとかマネーペニーとかQとかレア・セドゥがほんとにチャーミングとか、
相変わらずシンメトリーな映像とレア・セドゥが綺麗とか、
ガラス越しに対峙するボンドとブロフェルドのボンドの方のガラスにはブロフェルドが映るけどブロフェルドには映らないから「ああ、こいつはボンドの悪の側面でもあるんだな」とか、
レア・セドゥが綺麗とか

サム・メンデス、あんた天才だよ。

ただ、くしくもサム・メンデス監督のスカイフォールのインパクトが抜けきってないので、比較しちゃダメだろうけど少し物足りないし、
多分(もしサム・メンデス続投なら)次の作品はもっと凄いの来る気がするし、
レア・セドゥは綺麗なんだけどせっかくボンドに抱かれるんだからもっと肌の露出が見たいよ〜‼︎
モロ出しはシリーズのご法度でも情事シーンがアッサリしすぎだよ…。

ってことで評価はやや辛口でいかしてもらいました。それでも高評価ですけどね。
見て損はしないことは保証します。

ただサム・メンデスさん、一生あんたについていきますぜ‼︎