片腕ファルコン

007 スペクターの片腕ファルコンのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.3
「おい、何だその点数は?空気読めよ」と怒られそうでコワイですが…あくまで個人的な感想ですからね。。

まず、ちゃんと面白かったです!!!た、楽しめましたよ!!!!
ただダニエル・クレイグ版では一番下かなって思いました!!慣れっこになってしまったのもありますけども。
カジノ・ロワイヤル…3.9
慰めの報酬……………3.4
スカイフォール………3.7
だそうです。僕が過去に付けた点数。

まず評判のオープニングですが…流行りの1カット長回しでやるんですね…ワクワク感が募ります!!…いや、そこで終わるんかい!!って感じでした。
どうせなら曲が始まる直前のヘリの部分まで1カットで魅せるダイナミックさがほしかったです。本気の1カットじゃなくていくらでも誤魔化し効くじゃないですかー。そこはアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督か白石晃士監督に尋ねて下さい。
オープニングの掴みで言ったらローグ・ネイション、キングスマンの方がインパクトありましたね~。

あとボンドカーなんですが…何だか凄そうな特殊装備搭載してそうだったのに妙に古典的で肩透かしくらいました。。すいません。。

そして、モニカ姉さんの出番…(涙)

僕が面白いと感じ始めたのはむしろレア・セドゥ(スキッ歯ビューティー)、クリストフ・ヴァルツ、役者が揃ってからですね!!

2人とも、元々雰囲気重視の俳優さんなのでダニエル・クレイグと並んでも見劣りせず互角に渡り合ってます。素晴らしい!!

知られざる過去や関係性も見えてきて物語に立体感を感じます。ここは他の007ではあまり感じなかったので評価したいです!

クライマックスのあのシーンも憎いです。堂々たるフィナーレと思います。

結果的ノンストップ2時間半、緊張感途切れる事なく見れました。
ただ、冒頭の方で言った通りシリーズで比べたり、今年のスパイモノで比べるとこの点数にさせていただきました!!ごめんなさい!!