素晴らしき哉映画人生

007 スペクターの素晴らしき哉映画人生のレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.9
スパイ映画が目白押しだった2015年。やっぱり最後は、王道だけど007シリーズだよね。

前作の『スカイフォール』が非の打ち所がないほど個人的に傑作だったから、期待値高めで鑑賞したけど、やはり裏切らない。
D・クレイグの007は本当に安定している。

オーソン・ウェルズの『黒い罠』に匹敵するオープニングの数分間にわたる長回し。 『イングロリアス・バスターズ』からのL・セドゥとC・ヴァルツの因縁対決。B・ウィショー演じるキュートなQ…とどれをとっても興奮無しには語れない。

ヴァルツ演じるオーベルハウザーの凄さを語る上で、若干説明的にはなっていたものの、ラスト30分の盛り上がりのことを考えると全く気にならないよ。うん。