KUBO

007 スペクターのKUBOのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
4.0
まず、今回の「007」は王道復帰です。ショーン・コネリーやロジャー・ムーアで育った私としては、ここ数作のボンドは悲壮感漂いすぎてどうも馴染めなかったのですが、今作ではプロデューサーでもあるダニエル・クレイグも「僕が演じた他の映画とは若干異なるスタイルとなり、60年代や70年代のボンド映画も彷彿とさせる」と言っているように、深刻すぎないオシャレでカッコいいボンドになっています。

メキシコの「死者の日」の祭りで始まる冒頭から、その規模の大きさに圧倒されます。今作は監督のサム・メンデスも「別世界のようなロケーションから得られる昔のボンド映画の華やかさを取り戻したかった」と言っていますが、メキシコ〜ローマ〜オーストリア〜モロッコと、世界を飛び回る007といっしょに世界を旅している気分にさせてくれます。

キャストではMやMI-6と対立することになるMI-5のトップCにTVドラマ「シャーロック」でモリアーティを演じていたアンドリュー・スコットが参戦。また007の前に立ちふさがる「ロジャー・ムーア」版の「ジョーズ」を彷彿とさせる殺し屋役にデイヴ・バウティスタと、旧作へのオマージュかな?と思わせる演出もちらほら。

ボンドガールはモニカ・ベルッチとレア・セドゥ。モニカ・ベルッチは好きだったから、あと5年早く使ってほしかったな〜。今でもセクシーだけど。「マレーナ」が大好きだったので(15年前でした(*^^*))。

また今回はボンドと共にM、Q、マニーペニーがチームのように活躍。ちょっと「ミッション・インポッシブル」を意識してるかな?という感じもあるが、まあいいでしょう。おもしろかったから(^^)

どうやら、これで最後らしいダニエル・クレイグ版007。ショーン・コネリーの頃からの仇敵スペクターとの闘いで有終の美といったところでしょうか? エンドロール最後にはお決まりの「James Bond will return 」というスーパーが入っていましたが、次は誰がやるんだろう?

今年はスパイ映画豊作の年でしたが、ジェイムズ・ボンドとして余裕を持って演じている感じのダニエル・クレイグ最後の「007 スペクター」、私は大いに楽しみました!