たくろー

007 スペクターのたくろーのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.0
劇場で通常字幕版を鑑賞しました。
前作スカイフォールで命を落とした先代Mから届いたビデオに従い、メキシコで殺し屋を倒したボンド。彼は現在MI6の長官である新しいMの制止をよそに、さらに背後にいる謎の組織を追って、Qやマネーペニーの協力を得つつローマに向かった。一方、ロンドンでは国家安全保障局の局長・Cが安全保障体制の大改革を推進し、そのメスはMI6にも迫りつつあった。
というストーリーです。

映画のつくりとしては、ちょうどダニエル・クレイグ・ボンド1作目のカジノ・ロワイヤルと2作目の慰めの報酬との関係のように、前作スカイフォールから地続きとなる構成。
前作を未見の方は少し戸惑うかもしれません。

アバンタイトルのメキシコでの戦いは、よく言えばクレイグ以前のボンド作品を髣髴とさせるような、映像的にも作中の規模的にもかなり派手に立ち回っています。悪く言えばクレイグの影の濃いボンドと映画の世界観にはマッチしない感も。

オープニングクレジットはこれもスカイフォールからの流れを受け、妖艶ながら不気味さが溢れる映像と、サム・スミスの切なげな歌声がマッチしていて素晴らしい。

そして”謎の組織”スペクターに近づいていくボンドですが...
なにせ今回の映画で印象に残ったのはデビッド・バウティスタ演じる殺し屋・ヒンクス。
ほとんど台詞は発していないにもかかわらず、やはり元プロレスラーだけあって立ち姿だけで怪物的な強さが伝わってくる上に、ただの力自慢ではないという表情の演技もとてもよい。
以前、同じくプロレス出身のザ・ロックことドウェイン・ジョンソンの映画を見たときにも感じたのですが、やはり鍛えられた肉体の持つ説得力というのは、あるときはセリフの演技に勝るものがあると改めて感じさせられました。

そして肝心の黒幕については...う~ん、正直取ってつけた感じが否めなかったです。もう少し掘り下げられなかったのか、こじ付けでもいいので何か説得力を持たせるためにもうひと要素ほしかった。

あとはまったく必要のないモニカ・ベルッチに関するシークエンス。それこそ上記の件で黒幕とボンドの因果を仄めかす役割でこのキャラを生かせばよかったのでは?

メインのボンドガール、 マドレーヌを演じるレア・セドゥは演技力もさることながら、 バウティスタ同様、画面に映っているだけで場面折々の内面の動きやキャラクターの背景を観客に訴えかけてくる力を非常に感じました。

さて、クレイグさんはこれが最後のボンドということらしいですが、果たして後継は誰に、そしてどんなボンドになるのか。
新たなボンドを見せてくれたクレイグさんに敬意を表しつつ、今後の展開を注視したいと思います。せ