ダース米田

007 スペクターのダース米田のレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
4.1
ジェームズ・ボンドは密かに謎の組織を追っていた。
仲間たちの協力により敵の居場所を突き止めるものの、その組織のボスもまたボンドを探していた。
ダニエル・クレイグ主演の007シリーズの総まとめにして、シリーズ最大の迫力ある映像、そしてボンドガールのマドレーヌとの深い愛のドラマが見所!!

物語はスカイフォールの直後。
ボンドはMI6に内緒で捜査をするが無鉄砲さ相変わらずで、メキシコシティの大騒ぎによって新任Mのマロリーに叱られるという、クレイグボンドお馴染みの場面が見られます(笑)

今作はこれまでの3作品全てのネタを扱っているので、過去作の予習は不可欠です。
とにかく爆発シーンが多いのが特徴(その内の一つは爆薬の使用量が映画史上最大で、ギネスにまで認定された(笑))。
物語の舞台もかなり多くの国で展開されるので、作品のスケールは間違いなくシリーズ最大級!!

作品の印象としてはスカイフォールほどシリアスさはなく、エアバックや列車のシーン等でちょいちょいとユーモアが混じってて、若干軽い部分もあります。

前作ではスパイの存在意義を問うテーマがありましたが、今作でもそのネタは続投します。でもネタ被りは映画としてちょっとマイナスかも(--;)

マドレーヌの存在はかなり重要なポイント。
この辺のドラマ性では前作以上かと思います…

個人的にはスカイフォールには一歩及ばずな感じだったものの、シリーズ総まとめに相応しい強敵ブロフェルドの存在感は大きく、クリストフ・ヴァルツの怪演はとても素晴らしい。
前作には及ばずとも遠からずな力作でした!!