みゅうちょび

007 スペクターのみゅうちょびのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.6
もう、すんごい久々の映画館での鑑賞!
なにがなんでもIMAXで!!!と決めてました!

前作スカイフォールから殺しのライセンスはもう時代遅れという厳しい時代の風当たりに負けて、いよいよ00計画廃止へと追い込まれるという、007も今後様変わりするのかもしれないというのを匂わせる本作。
オープニングクレジットのエロいタコタコシークエンス。スペクターのマークがタコだからタコで!ってなんでスペクターのマークってタコなんだろう。。。

メキシコの「死者の日」のガイコツ一杯のユニークなお祭りの中に紛れるボンド。お祭りの音のテンポと映像が見事に融合してて手がこんでます。で、いつものボンド危機一髪な大捕物が繰り広げられるんですが、ヘリコプターのスタントが凄いです!いやいや相変わらずの飛ばしっぷりに胸が高鳴りました〜!

ダニエル・クレイグのボンドは予定ではあと2本、サム・メンデスと共に続投らしいけれど、まるでこれがダニエル最後のボンドのような話。カジノ〜からスカイフォールまでのこれまでのメモリアル的なストーリーなので、やはり、ダニエル版ボンド作品を全部見ている方が楽しめる。

スカイフォールで明かされたボンドの子供時代を引きずったストーリーなのは、少しセンチメンタル過ぎるなと感じたものの、同じ監督の手によるものなので、巧く纏められていたと思いました。

でも今回、007お楽しみの1つでおるボンドガールは、モニカ・ベルーチは文句ない配役だけどレア・セドゥがぁ〜。おいこらジェームズ!君には若過ぎないか?わたしのこのモヤモヤはただの年増の嫉妬かしらん。やはり他のレビュアーさんも言ってらっしゃいましたが、艶っぽさというのが足りない。こんな青いこにボンドが惹かれるなんて、、、ちーーーー!

スペクターの頭であるブロフェルド役をクリストフ・ヴァルツが演じてますが、ここではボンドと彼のなんともメンヘラチックな関係が浮き彫りにされたりで、この2人の関係を考えるとなかなかな配役だなと感心しちゃいました。

ダニエル・クレイグの演じるボンドシリーズはあたかも今までにないジェームズ・ボンド・サーガで、まだダニエルが本当に続投するなら新たなボンドの顔が露わにされるのかもしれないので、今後あと2本が待ち遠しい限りです。

スカイフォールほどドラマチックではありませんでしたが、待ち望む甲斐があるシリーズであるのは間違いなく、シリーズの最初から見直したくなることも間違いなしです!!

IMAX最高!!007最高!ダニエル・クレイグ最高!