jedimaster221

007 スペクターのjedimaster221のレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.5
やはり、この手の映画は最初の掴みが肝心。
死者の日で盛り上がっているメキシコから物語は始まる。
いつもの様にベッドインかと思いきや、そのままベランダから屋根伝いにあるビルの側に…

ここから、イッキに加速していきます。
掴みは文句なしですね。

さらに、主題歌も雰囲気あってましたね。
毎度の事ですが選曲も見事です。

ただ、タコのCGが気になったけどね(笑)

作品の感想としては、良くも悪くもいつものD.クレイグのボンド作品でしたね。
嫌いでは無いのですが、兎に角暗いです。
皮肉は言いますが、洒落た台詞は少ない。
前回に引き続き、自分探しがテーマも理由?

スペクターとの対立にしても、正直物足りないかなと思いました。
世界の諜報機関と対立するレベルの組織かと思いますが、その凄さみたいなものは余り描かれてませんでしたね。
ボスにしても、その規模のトップには見えなくて役不足に思えました。

キャスティング面で言えば、出番は僅かながらM.ベルッチが老いても尚、妖艶な魅力でエロかったですね。
驚いたのは、WWEのバティスタが出ていた事ですが、“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”以降、見なくなった思ったらこんな大作に呼ばれていたとは。でも、もうちょっと見せ場が欲しかったよねー(笑)

それと、スパイ映画らしくいつもの様に様々な国を巡ってくれますし、超ハイテク高級車もあっさりとぶっ壊します(笑)
ハイテクガジェットはネタ切れなのか、今回は僅かでしたね。
Qの出番は増えましたけど。

“ミッション・インポッシブル”シリーズもそうですが、[解体]とか[定職]とかの設定続きますね。そろそろ、現役バリバリで組織も全面協力のフルパワー!って感じも観たいです。
クレイグボンドは今回で最後でしたっけ?
新ボンドになれば、また雰囲気も変わるでしょうからそれで良いかな。

封切り間も無いので、内容についてはあまり深く触れませんが、気になる方は絶対に劇場で観てくださいね。

最後に、制作クレジットにクレイグの名前がありましたけど、以前の彼はボンド辞めたがってたと思うのですが契約上、やるならやりたい様にやらせろって意味なんですかね?

それこそ、“ミッション・インポッシブル”のT.クルーズみたいですが。

それはそうと、トム・フォードの衣装は格好良いですね。