西木寸

007 スペクターの西木寸のレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.7
まず....冒頭のアバンタイトルの長廻し死者の祭りシーケンスで一億点!!!
間違いなくこれだけで見る価値あり。

一作目がボンドの誕生譚、二作目が暴走劇であれば、実家を爆破したり文字通り母と決別し、007として独り立ちするのが三作目。
という事はつまり!今作がようやくスタート地点に立ったボンド映画。そういう意味でハードシリアスを極めた前作から、上品さやアート的な要素を残したままで少し抜けの良い作品になっている。

今作では常に死の影が付きまとう。死者の祭り、オーベルハウザーとの因縁、過去作とスペクターの繋がり。
「007は標的の命を選択出来る。」
自らのターゲット、自らの愛する人。一人一人の死と向き合い、それらを背負う007。この重みが、ダニエルクレイグがたたずむだけで十二分に伝わる。
殺した人、助けられなかった人、彼の中で死者は生き続ける、「死者の祭り」のように。
今作のボンドの行動原理、ラストの展開はボンドらしくもあり、過去3作への上記アンサー、ダニエルクレイグ版の最終章としてうまくまとまってるように思う。


荒唐無稽な敵の謎すぎるスケールやガジェット的な楽しみはダニエル版では随一、列車内格闘セックスの下りも含め、007見てるなー感があってほんと最高。
現代的なボンドガールの魅力も自分は全然あり。(欲をいえばもっと見せて....)

しかし、無謀にも程がある(「そりゃそうなるだろ!!」)乗り込み作戦辺りからどうも暗雲が。
スケールが増していくアクションとは反して、どんどん世界観のスケールが後退していく。
前半と後半のバランスがおかしいからか、急に展開がさらっとなった事で、うーん...
みんな大好きヴァルツさん演じる宿敵オーベルハウザーのキャラ立ちも、登場シーンをピークに後退させてしまっている...勿体無い。