ハットコック

007 スペクターのハットコックのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
5.0
「007」のファンで本当に良かったと感じることができる素晴らしい作品。全ての集大成。

『カジノ・ロワイヤル』から始まるダニエル・クレイグ版は、ジェームズ・ボンドが「007」として成長していく過程を描いたもの。ジェームズの"過去"が、物語に大きく影響しています。
そして、彼の"過去"を象徴しているのが、まさに「スペクター」なのです。ショーン・コネリー版などの初期作品で度々登場してきた「スペクター」が、なぜ今になって復活したのか。これは観てみないと分かりません。

前作『スカイフォール』で壮大な序章は完結しました。お馴染みのQやマネーペニーなどのキャラクターも復活し、興奮したのを覚えています。そして、これら3作品を背景に繰り広げられるのが、『スペクター』。これだけで鳥肌が立ちます。
旧シリーズへのオマージュが散りばめられた演出の数々に、思わずニッコリ。ガジェット搭載のアストン・マーティン、列車の中での格闘、敵の派手すぎるアジト笑…

さて、クレイグ版はボンドが自身の"過去"に立ち向かう物語です。彼はついに、"過去"の亡霊たちと対峙します。かつて自分が殺した者、愛する者…彼らがボンドに襲いかかります。だからこそ、クライマックスが泣けるのです!サム・メンデス監督の持ち味である人間ドラマの描き方が、もう見事としか言えません。トーマス・ニューマンの音楽も最高です。

ボンド映画でここまで感動するとは思いませんでした。「007」は、映画の枠を超えました。観る人の感情を揺さぶり、夢中にさせてくれる。製作陣、そして人間ボンドを演じきったダニエル・クレイグに、心から拍手を送りたいです。

シリーズ最高傑作★★★★★