westtribe

007 スペクターのwesttribeのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.6
クレイグ版をDVDで予習して鑑賞(他の007は未鑑賞)。
恒例の冒頭の追跡劇をはじめとするアクションシーンは申し分ない迫力。
全編を通じて、劇場で観る価値のある集大成的作品であると前置きしたうえで、不満点を語る。

今回は過去のアレもコレも全部スペクターの差金だったという、
コナンの黒の組織か昭和仮面ライダーの大首領のような展開で、
しかも組織のボスはボンドと因縁があるというお話。
しかしその因縁はあまりこってり描かれず、ちょっと拍子抜け。

敵のアジトでのシーンの後にもうひと暴れあるわけだが、
そこがどうも燃えてこなかった。

ボンド・ガールとはそういうものだとは思いつつ、
その相手にマジになるかフツー?とも思った。
相手も相手だけどさ。