モリキorモリマサ

007 スペクターのモリキorモリマサのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
4.7
ダニエルボンドは全部観ています。過去作はあまり観れてないです。そんなファン度合いでIMAX2回観てきました。

結論から言うと面白かったです。言いたいことはちょいちょいあります。しかし、ダニエルボンドの集大成として素晴らしい締めくくりだったと思います。スカイフォールで多くを失ったボンドがスペクターでどうなるのかがとても楽しみだったんですけど、締めくくりは素晴らしかったと思います。今までのダニエルボンドを経てのスペクターでのこの完結はグッときました!

さまざまなキャラクターも最高でしたね。デイブバウティスタさん演じるヒンクスが良かったですね。特に列車での格闘シーン。とんでもない奴が来た感が半端なかったです。

あと個人的に泣いてしまったのはオープニングからオープニングタイトルの流れですね。あまりにも素晴らしくって1人泣いてしまいました。そんな人多分ほとんどいないでしょうがw

とにかく今年のスパイ映画の締めくくりとしてのダニエルボンドの集大成としてもとても楽しませてもらいました!!!観に行こうかと考えてる人には是非オススメです!!


ここから気になった部分を話すのでネタバレ全開でいきます。まだの人は注意!!































今回の敵であるクリストフヴァルツさん演じるオーベルハウザーがカジノロワイヤルでのヴェスパーの死、スカイフォールでのMの殉職を仕向けたのは自分の仕業だと語るシーンが中盤以降にあるのですが、ここがさすがに無理矢理じゃないかと思っちゃいましたね。例えばスカイフォールのシルヴァはMに対する復讐であったわけで、それも全部ボンドを苦しめるようシルヴァをそう仕向けたってこと?ちょっと飲み込みずらい部分でした。あと今回のボンドガールであるレアセドゥさん演じるマドレーヌがボンドにとってなぜそこまで大切な存在になったのかという部分があまり描かれてない部分ですかね。せっかく2時間半もあるのにそこをもうちょっと描いて欲しかったですね。

しかしですね。上記以外の部分はめちゃくちゃ満足できたんですよ。ボンドとオーベルハウザーとの戦いのラストで彼は銃に弾が残っているのに関わらずそれを捨て「それよりも僕には大事なことがある。」と言って銃を捨て、マドレーヌのもとに向かうんですよ。今まで過去に囚われて色んなものを失ってきたボンドがやっと過去に決着をつけ、大切な存在を守ることができたんですよ。もう感動でしたね。

いくつか不満はありますが、大満足です!!!