まーしゃ

007 スペクターのまーしゃのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.3
鍛えられた身体に、トムフォードの細身のダークスーツを着こなし、時計はオメガ、酒はドライマティーニのシェイクで、クルマはアストンマーチンのお高いのと来たなら、ダニエル・クレイグはカッコは良すぎですねw

メキシコシティの死者の日から、ど派手なオープニング(ヘリは本物?)から、サム・スミスの歌までは良かったけど…ダニエル・ボンドになってから、これまでの007らしい華やかさやお約束が、反故されているのは残念に思ってます。

イタリアの宝石(モニカ・ベルッチ)の絡みも最初だけ…ボンドガールの使い方が?です。勿体ないw

お話はカジノロワイヤルから前作のスカイフォールまで観てないと、前後関係が掴めないかもです。

スパイー殺しのライセンス持ちは、生きにくい時代になりました。特定の国や団体を示すのはリスクがある現代。妥協すると似たり寄ったりの敵設定になってしまうのかも知れません。ただ、スペクターは、個人的な確執とはスケールが小さすぎです。

敵役の髭男のインパクトの無さ、ローマでのアストンマーチンとジャガーのカーチェイス、ギネスに認定された砂漠での爆発シーン、どれも1つ1つは凄いけど、プロットが弱いというか、外人がよく使うpoor scriptで、何だかチグハグでした。

Q役のベン・ウィショーは、女子は萌えなんでしょうが、M役のレイフ・ファインズは、あのイングリッシュ・ペイシェントの人とは、時は残酷ですね。

毎度のエンドロールに
James Bond will be back.
とあったけど、ダニエル・ボンドは、このまま終わった方が…