まつこ

007 スペクターのまつこのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.7
※ダニエル・ボンド3作品鑑賞後に観ることを強くオススメします。また、過去作を思わせるシーンが多数含まれています。
………
今年最後のレビューは何にしよう⁇これしかないよね⁈
あんなに必死でマラソン大会したんだもの♡( ´艸`)←計画性ないだけ

と言うわけでmatsukoの今年最後のレビューは「007 :スペクター」となりました。長くなりそうですがよろしくお願いします(^^;;

「スカイフォール」のコメント欄ネタバレに今までの〝007マラソン〟の総括を書きましたのでこれから007シリーズを楽しまれる方は参考にしてみてください。
………
さてさて、本題へ。

今作はダニエル・ボンドの〝完成形〟が観れ、何とも素晴らしい作品でした。因縁のスペクターが出てくることもありタイトルだけで胸アツです‼︎

「完成形?」と思った方がいらっしゃるかもしれませんね。

私の中でのダニエル・ボンドは「スカイフォール」のラストまでは〝完成した007〟ではなかったのです。

「カジノロワイヤル」ではボンドが007になってすぐの話なので、歴代ボンドが演じたベテラン007像になれるわけがないし、「慰めの報酬」は「カジノー」の補完的立場にあたり作品として異質なものでした。「スカイフォール」は経験を重ねる中での挫折やMとのやりとりによるボンドの成長が描かれていましたよね。

そう、ダニエル・ボンドはこれからなのです‼︎

だからこそガンバレル・シークエンスから始まる今作にますます期待が高まる!
あぁ、何かマラソンやってきた風なことを言ってますね( ´艸`)

スカイフォールと甲乙つけがたいと言われているOP曲は確かにズルい演出ですね。ダニエル・ボンドの持つ大人の品とスタイリッシュさを感じとても秀逸。それにしてもダニエルは佇まいだけで哀愁が漂うなぁ。あぁ、あのマークには心が躍りました。

ダニエル・ボンドの印象は上記に加え1人じゃないってことかなぁ。

過去作にはチームプレーを感じさせる作品もあるのですがダニエル期ほどではないと思う。

Mとの関わりはブロスナン期のデンチ・Mの登場から随分形が変わりダニエル期にも引き継がれていたけど、Mがレイフ・ファインズになった今作はとても新鮮に感じる。性別が変わったからか親子という感じではなく、信頼できる仲間感が上手く出ている‼︎

Qは今回も大活躍だし、〇〇〇・Mのボンドに対する計らいも胸アツ‼︎

個人的にはマネー・ペニーのキャラ像が今までとかなり変わったのが印象的。「切ないだけじゃないんだぜ。ボンドにやられっぱなしでもないんだぜっ!」て感じがとても良かった。それに突っ込むボンドもいいなぁ。(男のロマンからするとどうなんだろ?)

冒頭の爆破から飛び降りるボンドの余裕さとアレに座る感じはダニエル・ボンドがいよいよ見れた⁈と胸が高鳴りました。それにしても、なんか色気あり過ぎじゃないですか⁇あのキスシーンはドキドキしましたよ!

あと、レア・セドゥいいよね。
キリッとしてるけど色気もある感じがいいよね。

ただ、個人的には綺麗に収まり過ぎた感じは拭えない。次はどうするの?007シリーズの王道的な話も観たいよ!と思わず言いたくなった。

シリーズの変化で言うとバットマンを想起させる。ダニエル期はとてもノーラン版バットマンに近い気がするのは私だけ⁇ドラマティックなストーリーや作品の繋がりもステキだけどもっと自由なダニエル・ボンドも観たいよ!

だからかな。
これで終わっちゃうの?スペクターってそんな感じでいいの?と自分の中で押し寄せる。
「あぁ、私スペクターシリーズ好きだったんだなぁ…」と観ながらそんなことを思いました。

満足はしたものの、私の中で〝スペクター〟に対する期待が大き過ぎたのかもしれません。

でも、彼がまた前を向いて歩いていけるのを見れてホッとしました。

数々のオマージュに心は踊りましたが、私はラストでアレがくるんじゃないかと脳裏をかすめヒヤヒヤしてましたよ。心あたたまるラストで本当よかったです。(何を思ったかはネタバレで…)

またボンドに会える日が楽しみだな。
………

もう大晦日ですね。早いものです。今年の夏に始め、正直こんなに続くとは思っていませんでした。今ではここを覗くのが楽しみでなりません♡気付けばフォローワーさんも100人を越え有難い限りです‼︎来年もよろしくお願い致します!

では、皆様よいお年を!