ヤマ

007 スペクターのヤマのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
4.3
今年乱発されたアンチ007勢によるスパイ映画祭りに全く動じず、原点回帰を果たした一本。

やっぱり格が違うなと。
マナーがどうとか口で言っちゃうスパイとは違って、滲み出る品の良さがある。そして圧倒的な、女にモテる男感。これですよ。
ジェームスボンドの名は伊達じゃない。

レアセドゥが超絶良いです。
寝起きの感じとかナチュラルにエロいですよね、最高です。
タイプってのもありますが、個人的歴代ボンドガール暫定1位ですね。

本作はストーリーの運び方、焦らし方が絶妙!
レアセドゥに関しては、こんなにツンツンで本当にオチるのかよ?って思うんですが、そんな後にヤるか?ってとこでオチる。スケベっすなー。

クリストフヴァルツはとてつもないオーラを放っていて、ここも登場の焦らし方が良い!
なかなか顔は見せず、最初1時間くらいは後ろ姿やシルエットだけ。
焦らして焦らしての…

「Welcome, James.」

んがっけえええええ!!!
たまんないっす。鳥肌鳥肌。

今回はQがいい感じにギャグ担当として効いていてスカイフォールより好きでした。
メカを無茶な扱いで壊す007に振り回されるQっていいですよね。

ただタイトルに『スペクター』と冠するには尺が全然足りてないと思います。
ぶっちゃけ『スペクター 前編』って感じ。
次回作もダニエルクレイグで行くのであれば、次作で後編をやって欲しい。そして集大成を見せて欲しいところ。