きよみず

007 スペクターのきよみずのレビュー・感想・評価

007 スペクター(2015年製作の映画)
3.3
#262-2015 IMAX2D
クレイグボンド4作目。
クレイグシリーズしかちゃんと見てない自分からするとオマージュなんかは全くわかりませんでしたが、カジノロワイヤルから慰めの報酬への流れとスカイフォールからの流れ両方を受けているので予習やら復習やらは間違いなく必要な作品だった。

Mrホワイトに関しては、どこかでウィレムデフォーということを聞いたためホワイトだと気付いたのはかなり後半。風貌は前と全然違うけど、思い込みって怖いな〜。

メキシコでの長回し、エキストラを使った特大スケールのアクションシーンからのサムスミス。これはIMAXで見た甲斐もあり大興奮でした。
でもそれ以降というもの、突っ込み必須な展開には笑ってしまった。
もはや旧知の敵オーベルハウザーということもありスパイ感が全くなかったり、慰めの報酬だけハブられてる感じであったり、某トムクルーズのスパイ映画を彷彿させるMやQ、マニーペニーとのチームプレー具合だったり、そして個人的に一番突っ込んだのはレアセドゥとの初めて愛し合うシーンですよ。
敵に襲われ命からがら倒した後、セドゥ姉さんはこう言うんです「この後は?」。まさかそんな流れで本当にやるとは思わず笑いが堪えられなかったし、ボンドらしいなっていう謎の安心感、、笑。

宿敵オーベルハウザーも最初こそはビビったけど、だんだん普通に見えてきてしまったし、頭に針刺さなくたって簡単に殺せる場面いくらでもあっただろと。あと2作はクレイグと出てくるみたいですけど、もう少し見せて欲しいですね。

セドゥ姉さんをIMAXの大画面で見るだけでも価値はあるんじゃないかと思います笑