マッドマックス 怒りのデス・ロードの作品情報・感想・評価

マッドマックス 怒りのデス・ロード2015年製作の映画)

Mad Max: Fury Road

上映日:2015年06月20日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。 凄まじい追…

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、配下の全身白塗りの男ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた美女たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。 凄まじい追跡、炸裂するバトル……。絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に投稿された感想・評価

かっよすぎる!
何回でも見れる!!主人公の無口なところもカッコいい
た

たの感想・評価

4.2
頭をカラにして楽しむ映画 婆ちゃんカッコいい!!
O

Oの感想・評価

5.0
気が狂ってる
インターセプターにもっと見せ場を作って欲しかったです。あとジャイロ・キャプテンとワンちゃんが居たら良かったかな?
こんな世界が創り上げられるなんて、いやぁ〜映画って本当に面白いもんですね!!(思わず晴郎節にもなるってもんです)
現代社会の様々な事象のメタファーにも見えたけど…現在の常識や価値あるとされ崇められているものも、見方を変えれば滑稽でしかないのかも。とかチラッと考えた。
続編って予定あるのかな?
うに丼

うに丼の感想・評価

4.8
ジョージ・ミラーと言えば、近年は『ベイブ』や『ハッピーフィート』といったファミリー映画ばかりを手掛けていて、豪州のやんちゃ野郎もすっかり牙の抜けた好々爺になったものかと思いきや、ここに来てまさかの大復活。やりやがったなクソジジィ!2D通常版、4DX、モノクロ版と劇場に3回も足を運んだのは、本作と『ガルパン』くらい。漢ならとにかく観ろ!what a lovely day‼︎‼︎
Shuu

Shuuの感想・評価

5.0
荒廃した近未来を舞台に妻子を暴走族に殺された男の壮絶な復讐劇を描き、主演のメル・ギブソンの出世作となった『マッドマックス』シリーズ第4弾。同シリーズの生みの親であるジョージ・ミラーが再びメガホンを取り、主役をトム・ハーディが受け継ぐ。共演には、シャーリーズ・セロン、ニコラス・ホルト、1作目で暴走族のボスを演じたヒュー・キース・バーンら多彩な顔ぶれが集結。

資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野を彷徨うマックスは、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョーの一団に捕らわれ深い傷を負ってしまう。そんな彼の前にジョーの配下の女戦士フュリオサ、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。

スタンディングオベーションです。
戦闘シーンとクライマックスのシーンはハラハラドキドキしました。
疾走感のある展開なので、観てるこっちも一緒に走っているみたいでエンドロールの時点でヘトヘトになりました。『マッドマックス』シリーズ観てこなかったので観てみようかなっ!
ウタ

ウタの感想・評価

3.8
世界観がモロ『北斗の拳』。
「汚物は消毒だ、ヒャハー!」という声が聞こえてきてもまっったく違和感ありません。

解かりやすいストーリーと派手な映像にテンションが上がります。
女性達も"救出を待つか弱い女性"ではなく、何とか現状を良い方向に持っていこうと力を尽くす、かっこいい女性達で観ていて気持ちがいい。
やっぱり自分の足で立ってこそナンボでしょ!

後半のアクションシーンは特に手に汗握ります。
全体を通してかなりスカッとする映画。
これはできるだけ大画面で、できるだけ音響が整っている環境で見ることをオススメします!
yuki

yukiの感想・評価

4.0
夏に観ようと決めてました。
うぉぉぉぉ~!!!
息もつかせぬとはこんな事じゃないですか。
アドレナリンとか絶叫とか涙とか色んなものがいっぱい出ました。
最高に面白かったです!
>|