マッドマックス 怒りのデス・ロードの作品情報・感想・評価

マッドマックス 怒りのデス・ロード2015年製作の映画)

Mad Max: Fury Road

上映日:2015年06月20日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に投稿された感想・評価

全部が破茶滅茶だし、常に絶体絶命だし最後まで手に汗握った笑 果たして、希望は持つべき?持たないべき?笑
Hello

Helloの感想・評価

-
記録用🐏
小小野

小小野の感想・評価

4.5
なんか仲間が死んだり怪我したり色々展開もあったっぽいけど、自分的にはとにかく常に車がバイオレンスとともに走ってるから常に激アツ

美人たちが全員タイプ
太鼓とギターの車意味わかんなくて狂ってて好き
つかさ

つかさの感想・評価

2.0
面白くない、楽しいだけ。
全編アクションシーンだけを抜き取ったかの内容に徐々に飽きてくる。
キャラクター性もあってないようなものだし、何より主人公を演じるトム・ハーディがよく分からない。
過去の「マッド・マックス」とは似て非なるものとなっている。
イモータンジョーーーーーーーーーー‼︎‼︎
とむ

とむの感想・評価

3.6
なにも考えずに見れる!
白塗りの青年、いいやつの顔してた。
メラ

メラの感想・評価

4.9
正に圧巻されるアクションのフルコース。
目の前の映像に夢中になり、子供の頃のワクワクさを取り戻してくれたこの映画は見ているだけで自然と笑みが零れてしまう。そんなカッコいい映像やアクションが散りばめられていて久々にアクションを堪能して満足しています(笑) アクション映画で感動したのはダイ・ハード1以来かも。

 しかも映像やアクションに圧巻されるだけでなく、ストーリーの出戻りの中で生まれる強いメッセージ性が盛り込まれていて、ボリューム満点な映画なのは意外でした!それを極限までそぎ落とした台詞と映像で魅せるスタイルを最初から最後まで一貫して映していて最高でした!
特にストーリーの中に組み込まれた円環構造とモノの転換たる描写の作り込みが素晴らしくて、見終わった後の満足感が半端なかったです!

 音響面だと耳鳴り、音の強弱の演出が秀逸でそれだけでも臨場感を与える要素になっていてそこも良かったです!特に中盤の砂を落とすために叩き落すシーンがDJの音楽のミックスのような音と音の繋ぎとそこに込められた"溜めの演出"がち密に練られていて凄いと感じました。
他にも映像の撮る配置や群衆の脅威を映像で映すシーン、奇抜なセットデザイン、度肝を抜くアクションなど・・・映像面が半端なくレベルが高くて映画の様々な要素のどれもがハイレベルな作品なのでは?と感じました。

 あまりの衝撃に1回目を見た時には感想が出ないほど圧倒されて、2回目を見て感動が一気にこみ上がるほど素晴らしくて元気が出る映画でした(笑) そして2回目からはハッキリ言って120分があまりにも短くて物足りない!と感じるほど、濃厚かつスピーディな"ザ・映画"と言える1本だと思います。
エンタメ性が高いのは言うまでもないですが、アート性も高く映像に込められたメッセージを紐解く楽しさもあって素晴らしい映画が見たい人にオススメできる作品だと思います!
>|