マッドマックス 怒りのデス・ロードの作品情報・感想・評価

マッドマックス 怒りのデス・ロード2015年製作の映画)

Mad Max: Fury Road

上映日:2015年06月20日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」に投稿された感想・評価

fleur

fleurの感想・評価

4.1
美女達が逞しい!
とむ

とむの感想・評価

3.6
なにも考えずに見れる!
白塗りの青年、いいやつの顔してた。
メラ

メラの感想・評価

4.9
正に圧巻されるアクションのフルコース。
目の前の映像に夢中になり、子供の頃のワクワクさを取り戻してくれたこの映画は見ているだけで自然と笑顔が零れてしまう。そんなカッコいい映像やアクションが散りばめられていて久々にアクションを堪能して満足しています(笑) アクション映画で感動したのはダイ・ハード1以来かも。

 しかも映像やアクションに圧巻されるだけでなく、ストーリーの出戻りの中で生まれる強いメッセージ性が盛り込まれていて、ボリューム満点な映画なのは意外でした!それを極限までそぎ落とした台詞と映像で魅せるスタイルを最初から最後まで一貫して映していて最高でした!
特にストーリーの中に組み込まれた円環構造とモノの転換たる描写の作り込みが素晴らしくて、見終わった後の満足感が半端なかったです!

 音響面だと耳鳴り、音の強弱の演出が秀逸でそれだけでも臨場感を与える要素になっていてそこも良かったです!特に中盤の砂を落とすために叩き落すシーンがDJの音楽のミックスのような音と音の繋ぎとそこに込められた"溜めの演出"がち密に練られていて凄いと感じました。
他にも映像の撮る配置や群衆の脅威を映像で映すシーン、奇抜なセットデザイン、度肝を抜くアクションなど・・・映像面が半端なくレベルが高くて映画の様々な要素のどれもがハイレベルな作品なのでは?と感じました。

 あまりの衝撃に1回目を見た時には感想が出ないほど圧倒されて、2回目を見て感動が一気にこみ上がるほど素晴らしくて元気が出る映画でした(笑) そして2回目からはハッキリ言って120分があまりにも短くて物足りない!と感じるほど、濃厚かつスピーディな"ザ・映画"と言える1本だと思います。
エンタメ性が高いのは言うまでもないですが、アート性も高く映像に込められたメッセージを紐解く楽しさもあって素晴らしい映画が見たい人にオススメできる作品だと思います!
梓

梓の感想・評価

4.5
ウォーボーイズの子がチラッと見えたジョーと目があった!って喜ぶのがもうすごいわかる…
憧れの人と目があったって気がしたらなんでも出来る気になっちゃうよ(例え地平線を見ていたんだとしても)デスロードで派手に散るぜ!って思うよ私はね

爆音と砂埃ガソリンとデスロードジョーのお気に入りの子産み女の逃亡…世界観に酔いしれてしまう
なんでか好き
A17211

A17211の感想・評価

3.5
世界観完璧
映画館で観たかった。

本当にほぼ移動でびびった。
TRB

TRBの感想・評価

4.8
マックスと言えばメル・ギブソン!

そう思ってましたが、

トム・ハーディがまたどハマり。
メル・ギブソンとはまた違った味のマックス像がクセになります。

世界観を踏襲しながらも、今までとは違ったイカレた荒廃する世界にキレたキャラクター達。

サイコな死生観が素晴らしいウォーボーイズ。

たまりません。

適役もなんと、第1作目のトゥーカッターがイモータン・ジョーとして再登板!

なかなか憎い!
熱い演出をしてくれます!

シャーリーズ・セロン演じるフュリオサもメチャクチャカッコいい!

カッコいいでは言い表せない、凄い熱量を感じる作品。
ほね

ほねの感想・評価

4.0
ギター
Mojaken

Mojakenの感想・評価

4.3
カメラワークがたまらない
>|