パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊の作品情報・感想・評価

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊2017年製作の映画)

Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンは始まった。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はただ一つ――<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れること。かつてジャックと冒険を共にしたウィル、その息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に…

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンは始まった。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はただ一つ――<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れること。かつてジャックと冒険を共にしたウィル、その息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に入れるのは誰か? そして、ジャック VS 海の死神の決戦の行方は? すべての謎が明かされる<最後の冒険>が、ついに幕を開ける!

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」に投稿された感想・評価

Zero

Zeroの感想・評価

3.8
このシリーズはいつみても最高。
しおる

しおるの感想・評価

4.8
ラスト号泣
『パイレーツ・オブ・カリビアン』の5作目。

相変わらずのジャック・スパロウのドタバタ劇に笑い、海賊船のダイナミックな映像が素晴らしく観ていて楽しいし、あのテーマ曲が流れると気分も上がります。

キャストもいつものメンバーに前作に出てこなかったウィルとエリザベスも復活!そして、まさかのポール・マッカートニー!(^^)

敵役も魅力的でしたね。ディヴィ・ジョーンズのインパクトも凄かったけど、今回のキャプテン・サラザールのキャラクターも不気味だし良かった!

ポセイドンの槍をめぐる大英帝国を含めた三つ巴戦はなかなかの見ごたえがあります。ただ、夜のシーンが多く見にくいのが難点。いつもは楽しいだけで終わっていたこのシリーズだけど、今作は新キャラのヘンリーとカリーナを絡めた物語に少しウルッとさせられました。

このシリーズまだ続くんですかね~。もし続編があるのであれば、次は映画館で観たいですね。(^^)

このレビューはネタバレを含みます

ほぼ1週間で5作目まで鑑賞。

面白い。普通に面白いけど3作目の感動と迫力を上回ってこなかった感がある。
4作目までで残ってた問題を一気に5作目で片付けたように思えてしまった。

最も心を動かされたのはバルボッサの最期。
seira

seiraの感想・評価

4.2
ジャックの相変わらずの様子に、クスッと笑ってしまう場面があちこちに散りばめられている。
衣装やセットが細かくて、さすが一切手を抜いてないなと思った。
内容的にも、不満のないよく出来たお話。
ゆにけ

ゆにけの感想・評価

3.3
ジャック、バルボッサ、ギブス、いつもの仲間が揃うとワクワクする。
さらにウィル、エリザベスまで出ると聞けば懐かしさに心踊る、が、観てると何か物足りない気がしてどうもあまり乗れない。
ストーリーがあまり練られてないのだと思う。
007

007の感想・評価

3.3
正直123作と比べるとすごくつまらなかった
面白かった1作目から
回を追うごとに面白さは
トーンダウンして行き
前作だか前々作だかは
ほぼ陸のシーンで
やれやれ感だったのを思い出します

で 今作はすこしばかり期待してました
2世達を新たなキャストに加え
相変わらずなジャックスパロウ
お馴染みな仲間たち
とライバル陣 海賊アクションと
ファンタジー展開
感動の再会そして再会

良く出来てたし楽しめたました

でエンドロール後の
まだ続くんかいな雰囲気
>|