パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊の作品情報・感想・評価

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊2017年製作の映画)

Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンは始まった。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はただ一つ――<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れること。かつてジャックと冒険を共にしたウィル、その息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に…

孤高の海賊ジャック・スパロウの過去を知る最恐の敵、“海の死神”サラザールが解き放たれた時、海賊全滅へのカウントダウンは始まった。ジャックがサラザールの復讐から逃れる方法はただ一つ――<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>を手に入れること。かつてジャックと冒険を共にしたウィル、その息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、宿敵バルボッサなど、様々な運命が交差する中、最後に宝を手に入れるのは誰か? そして、ジャック VS 海の死神の決戦の行方は? すべての謎が明かされる<最後の冒険>が、ついに幕を開ける!

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」に投稿された感想・評価

納涼鑑賞その2。

ジャックが終始へべれけで、前4作でも大事にしていたコンパスを速攻で手放すなど、本作の設定は、まるでジョニー・デップの私生活を映し出すかのよう。

俺の中でのジャック・スパロウ像は、冗談か本気か、偶然か計画的かわからないけど、締める時は締める男、なので、キャラ崩壊が否めない。

しかし、それでも概ね楽しめたのは、ウィルとエリザベスが絡むストーリーに、俺の好物"親父モノ"を絡ませてきたからかな。
海も明るかったし!これぞ納涼!

そして、サラザールの狂気やゾンビ・シャーク、前半の金庫強盗からの処刑台のくだりから、前作にない見応えとスリルを堪能。

本シリーズに限ってはいつも吹替で見るが、終始酔っ払い演技なため、ジャックの声がいつもの平田広明だとは最初気がつかなかった笑

また、カヤ・スコデラーリオ担当の栗山千明は、俳優吹替相応という感じだったが、ブレントン・スウェイツを充てた今注目の中川大志は、いつかのウエンツより全然良い!
やっぱり彼は器用だと思う。
ao5stars

ao5starsの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

バルボッサはフラグが立ってやはり…でしたが、初期のワクワクを思い出して楽しかったです。
ジャックスパロウカッコいい
サラザール気持ち悪すぎた。
前作よりは好き。
水野

水野の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

バルボッサパパが最高すぎてだなぁ…ほんとに…すき…娘に星の名前付けるってそれ一等航海士すぎでは…(?)😢😢😢
ていうかみんな見た目全然変わらないよね。ジャックはもちろんターナー夫婦も相変わらず美男美女でびっくりした。ラストでウィルの呪いが解けて2人で抱き合ってるところで涙腺崩壊した。ウィルの顔面偏差値が高すぎる…PotCのカップルは嫌味がなくて心から応援したくなるような組み合わせばっかりで幸せ…次回作期待してます…🙏
>|