しょうちゃん

バイオハザード:ザ・ファイナルのしょうちゃんのレビュー・感想・評価

3.0
2016年82本目の劇場鑑賞。

第6弾にして完結編となるSFアクション大作。

美しき最強ヒロイン、アリスと宿敵・アンブレラ社との壮絶な最後の戦いの行方を描く。

バイオハザード・シリーズがついに完結するので見届けてきました。
終始アクションの連続でした。
冒頭からいきなりポポカムリが登場。
スローモーションは頼らず素早いアクションを重視してます。
アンデッドも地上を埋め尽くすほどの数でした。
装甲車の登場シーンは「マッドマックス」を思いました。
ウェスカーのあつかいが酷すぎでした。
ウェスカーの見せ場もたいしてありませんでした。
せめてウェスカーとアリスのバトルが観たかった。
ローラが生存者グループのメンバーのコバルトの役で出演してました。
アンデッドにやられっぷりは良かった。
クローンばかりでほんまにオリジナルを倒したのか?
全6作続きましたがどれも「面白い!」と言えないシリーズでした。